FC2ブログ

三河 吉田城(今橋城) 🏯見る角度によっては天守閣の風格、鉄櫓

三河 吉田城(今橋城) (愛知県豊橋市今橋町・豊橋公園)

国道1号線を浜松方面に向かう際、橋から見えてくるのが吉田城の鉄櫓です。
自分は奥方(遠州出身)のご実家に伺う際に何度となく見てきた心ときめく瞬間です。
その美しさに見とれて車線変更を忘れること、数回。

普段は指を加えながら通り過ぎる城ですが、今回は途中下車。
家族の了承をいただき大手を振っての訪問です。
そんな、ある意味「故郷の城」感のある吉田城をゆっくり歩いてみました。

toyohasi (16)対岸から見る鉄櫓は本当に美しいのです。

toyohasi (3)
豊橋公園から入っていきます。

城内にはハリストス教会の白亜の建築教会やモダンチックな豊橋公会堂など見所もあります。
ちなみに駐車場は公園の東側、豊橋野球場に無料駐車場があります。
少年野球等の試合がなければ、たくさん停められるハズです。

toyohasi (4)
三の丸の外堀から見学。

駐車場は歩きで少し遠いですが、そのおかげで間の遺構を確認できます。
外郭の三の丸の空堀が断面から見学できるのもいいですよ。
半分は土、半分は石垣の組み合わせが面白いです。

toyohasi (1)案内図板をチェックしてから行きましょうか。

toyohasi (12)
本丸入口にある案内板もありますが・・。

この案内板に見とれてしまうと、背後にチョコンと見える大事なモノを見落とします。
・・そう、その大事なモノとは

toyohasi (2)千貫櫓址にたたずむ「吉田城」の城址碑です。(*`へ´*)

この城址碑の場所は正直わかりずらいです。
城内をしっかりとくまなく散策すれば見つけ出せるはずです。
灯台下暗し、とはこのことでしょう。(?・・)

toyohasi (13)本丸の内堀から見上げる辰巳櫓台も圧巻モノです。

toyohasi (11)本丸中心部から見る内側の鉄櫓。

toyohasi (7)
見る角度によっては御三階櫓以上の迫力があります。

toyohasi (10) toyohasi (6) 一度降りてみます。
辰巳櫓の櫓台(写真:左)と入道櫓の櫓台(写真:右)

toyohasi (5)
復興櫓ではありますが堂々とした風格を感じますね。

toyohasi (14)
川手櫓址から見た本丸の堀の様子。

toyohasi (9)
袂を流れる豊川のデルタ景観にも当時の面影があります。

toyohasi (8)
近世の吉田城の復元モデルが資料館内にあります。(写真撮影と掲載の許可を頂いております)

統一感のある立ち並んだ櫓群と城門は天守なくとも素晴しい景観です。

吉田城は今橋城として永正2年(1505年)牧野成時(古白)によって築かれました。
船形山城二連木城との攻防戦にも巻き込まれ、争奪戦が繰り返されました。
永禄3年(1560年)今川義元が桶狭間の戦で没すると徳川家康が東三河に侵攻、今橋城を攻略します。

永禄7年(1564年)には酒井忠次は今橋城攻めで先鋒を務め、無血開城によって城を落とします。

家康は酒井忠次を城主とすると呼び名を「吉田城」と改めます。
東三河の旗頭、忠次が城主になることで三河東部の諸松平家・国人を統御する役割を与えられました。
そして吉田城は岡崎城~浜松城を繋ぐ最重要地点として機能します。

天正18年(1590年)徳川家康の関東移封にともない、酒井忠次も下総国臼井に転封となりました。
代わって池田輝政が十五万二千石で入封。
現在見られる吉田城の遺構は池田輝政の時代に近世城郭として改修・整備されたようです。

忠次の治世では安定した城下町の発展がみられ、武田氏の徳川領分断策も阻止します。
岡崎、浜松がそうであるようにこの吉田もある意味「家康の出世城」であることに変りありません。
この忠次の地味ながら着実な粘りの功績は大きいのです。

toyohasi (15)信長から「背に目を持つ如し」と賞賛された軍師とも云える銀将・忠次。
徳川四天王・徳川十六神将ともに筆頭、家康第一の功臣として称えられています。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

 久太郎 (Q-tarou)

Author: 久太郎 (Q-tarou)
ようこそいらっしゃいました。
久太郎と申します。
「城跡が好き」
ただそれでけでブログを立ち上げている城好き若輩者です。
おかげさまで開設以来3年目を迎えることができました。

地元の岐阜県内美濃地方の城址を中心に自分なりの想いを込めてじっくりと巡ってまいります。たまに遠征なんかにも出かけます。

時に「ゆるく」時に「鋭く」五体と五感をフル回転。城址での様々な出会いと独自の感覚を大切にしてつづっていきたいと思います。

また城址付近のダムや棚田、名水といった気持ちを揺さぶられる箇所にも寄り道していきます・・。
趣味のマラソンも自分のペースで好きなように走ってます。

どうかご笑覧くださいませ。

最新登城記事
カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新コメント
検索フォーム
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
リンク
来城者数