紀伊 天路山城 🏯湯川直春の実弟・弘春の居城

紀伊 天路山城 (和歌山県日高郡日高町比井・天路山)

天路山城は亀山城から西へ7kmほど小坂峠を越えた海側の地にあります。
間の途中には入山城などの山城城郭もあり、そちらの見学などもできましょう。
天路山城は湯川直春が築城、その弟の湯川弘春が譲り受けた居城、というのが興味深いところです。

tennjiyama (1)山肌周辺が伐採されている山頂一帯の山が天路山城です。

tennjiyama (8)
比井集落の通りを赤い消火栓から細い路地を入っていきます。

天路山城の入口は非常にわかりずらいです。
何人かの地元の方に聞き、やっと見つけました。
よくある話ですが、城跡の存在さえ知られていないパターンですね。

tennjiyama (9)
そのまま山に向かって直進すると右手に上る階段脇に木柱案内があります。

tennjiyama (10)かなり疲れ気味の木柱に手書きの城址柱がいい仕事してますね~。

tennjiyama (3)
土居跡に残された五輪塔。

階段を上ると畑がありますが、この畑が土居跡になります。
畑の斜面の下には五輪塔があり、ここから山頂目指して登ります。
途中、かなりの藪とかなりの急斜面に心が折れそうになりますが頑張りました(笑)。

tennjiyama (4)
山肌が伐採されているのは道路工事のためでしょうか。

将来、天路山城への遊歩道でも?・・なんて。

tennjiyama (5)
三方向を土塁で囲まれた山頂部の本丸と切岸。

tennjiyama (6)
三の丸には狼煙台と思われる高い台があります。

tennjiyama (7)
腰曲輪の側面には小さい石で積まれた石垣があります。

本丸と二ノ丸の西側下をめぐる腰曲輪の側面の石垣は特に素晴らしいのですが・・。
残念ながら撮った写真がぶれてしまいました・・。(予備にと思って撮った2枚とも)
ですので涙ながらに掲載を断念!(再度チャレンジ?)

tennjiyama (11)
城の南には比井漁港が静かな湾を形成しています。

天路山城は海に面し、内陸部の兄・直春と連絡した湯川弘春が居城しました。
彼が兄・直春に追従して秀吉の南征軍に共に対抗した記録はありません。
しかし、支城主として湯川党の一門有力者として兄と行動を共にしたであろうことは想像できます。

弘春の主張如何によっては湯川党の軍議決定そのものに影響を与えたかもしれませんね。

tennjiyama (2)
これは目を引いた!クエのモニュメント

和歌山県日高町ではクエが郷土料理として有名です。
クエは近年、幻の味の高級魚として全国的に知られ、大変な美味で評判となっています。
ランチで煮付けがとても美味しかったので、皆さんも一度ご賞味してみたください。


天路山城登り口をマークしておきます。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

 久太郎 (Q-tarou)

Author: 久太郎 (Q-tarou)
ようこそいらっしゃいました。
久太郎と申します。
「城跡が好き」
ただそれでけでブログを立ち上げている城好き若輩者です。
おかげさまで、開設以来、3年目を迎えることができました。

地元の岐阜県内美濃地方の城址を中心に自分なりの想いを込めてじっくりと巡ってまいります。たまに遠征なんかにも出かけます。

時に「ゆるく」時に「鋭く」五体と五感をフル回転。城址での様々な出会いと独自の感覚を大切にしてつづっていきたいと思います。

また城址付近のダムや棚田、名水といった気持ちを揺さぶられる箇所にも寄り道していきます・・。
趣味のマラソンも自分のペースで好きなように走ってます。

どうかご笑覧くださいませ。

24時間戦えますよ
今年のゴールデンウィークはなんとか2日のお休みが取れました!
一日は久しぶりに家族全員にて本格アスレチックとテニスで汗を流しました。
もう一日は弟クンと丹波地方へ城めぐりに行けました。
渋滞を避けるため前日の夜から出発し、現地では早朝から山城を立て続けで攻め登ります。
4つの山城と2つの平城の見学をして帰宅したのは深夜12時。
次の日はいたる所が2日分の筋肉痛・・。
24時間戦えますか?と聞かれたら・・。
城のためなら(なんとか)戦える久太郎でありました。
最新登城記事
カレンダー
04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新コメント
検索フォーム
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
リンク
来城者数