紀伊 湯浅城 🏯本当の湯浅城はこっちです

紀伊 湯浅城 (和歌山県有田郡湯浅町青木・青木山)

「湯浅城はどこですか?」と尋ねると、
「どちらの湯浅城ですか?」と逆に尋ねられる、
そんなやりとりがここ和歌山県湯浅町でのあるある話になっています。

そもそも、本来の湯浅城の隣の丘陵に立派な天守風国民宿舎湯浅城があることが原因です。
実際、こちらを本当の湯浅城として認識していかれる観光客も多いと聞きます。
歴史背景を理解して訪れれば違和感ありまくりでわかるはずなんですが・・。

yuasa (1)国民宿舎「湯浅城」の外観。確かに城郭建築であります。

この写真を記事のトップに掲載する自分も自分ですが・・。(他意はありません)
改めてお断りしておきますと・・、
中世の湯浅氏累代の居城「湯浅城」と国民宿舎の「湯浅城」は全く別物。
(但し模擬天守の4Fが資料館となっていて、湯浅城の資料や模型が展示されています)

yuasa (2)  yuasa (3)
左へ行くと国民宿舎湯浅城ですので、右へ行くと中世湯浅城です。(正直どっちかわからん訳です)

yuasa (6)史跡としての湯浅城は天守風建物がある南の丘陵に築かれています。

yuasa (4)
こちらの登山道より見学できます。

湯浅城見学は管理人の方への連絡が必要です。
入口は鍵がかかっていますが、電話して開けてもらえます。(10分ほで来ていただきました)
入口に連絡先電話番号があります。(勝手に入山するのは慎みたいものです)

yuasa (7)

yuasa (5)
湯浅城の想像鳥瞰図が示されています。

山頂の主郭から各尾根に広がる曲輪があり、堀切や土橋、土塁などが残っています。
それほどな縄張りではありませんが、山全体が城砦化されている様子がわかります。
大きな窪地を池跡としています。

yuasa (9)
城内には模擬冠木門や逆茂木などがこしらえてあります。

管理人さんをはじめ地元の方々が時代考証しながら整備してみえるそうです。
なかなか立派な出来具合いで、雰囲気が出ていますね。
(個人財産的なところがございますので写真は最低限にしておきますね)

yuasa (10)腰曲輪に立つ石碑。

yuasa (11)
背後の高台が本丸になります。

yuasa (12)
本丸一帯は「パワースポット、青木山」だそうです。

湯浅城がどちらを指すのか?
それは目的をもって訪れた人が判断することになります。
自ずと城址整備をされてみえる方々の手による湯浅城に辿り着くハズです。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

 久太郎 (Q-tarou)

Author: 久太郎 (Q-tarou)
ようこそいらっしゃいました。
久太郎と申します。
「城跡が好き」
ただそれでけでブログを立ち上げている城好き若輩者です。
おかげさまで、開設以来、3年目を迎えることができました。

地元の岐阜県内美濃地方の城址を中心に自分なりの想いを込めてじっくりと巡ってまいります。たまに遠征なんかにも出かけます。

時に「ゆるく」時に「鋭く」五体と五感をフル回転。城址での様々な出会いと独自の感覚を大切にしてつづっていきたいと思います。

また城址付近のダムや棚田、名水といった気持ちを揺さぶられる箇所にも寄り道していきます・・。
趣味のマラソンも自分のペースで好きなように走ってます。

どうかご笑覧くださいませ。

対馬にプチ出国してきました。
7月7・8日と対馬国境マラソンに出場しました。
かつてないほどの災害になろうことを予測しなかったわけではありません。
災害に遭われた方々や関係者様方の気持ちを想えば不愉快な内容になってしまうことばかりでしょう。
未だ復旧の道筋が見えない中でも、どうか希望を捨てず一日を積み重ねて行っていただきたい、と思い久太郎も復旧ボランティアに参加する意を決心いたしました。
何ができるかわかりませんが、少しでもお力になりたいです。
最新登城記事
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新コメント
検索フォーム
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
リンク
来城者数