紀伊 雑賀城 🏯鈴木佐太夫・雑賀孫一(鈴木重秀)ゆかりの山塞

紀伊 雑賀城 (和歌山県和歌山市和歌浦中2丁目・城跡山公園)

熊野八咫烏の陣羽織、肩に立てかけた愛用銃「愛山護法」、
ゲリラ戦で信長を狙いすまし、窮地に追い込んだ、雑賀鉄砲集団の首領・・。
そんなイメージが自分の中の雑賀孫一こと鈴木重秀の姿です。

雑賀城はそんな孫一と父・佐太夫の拠った史跡の一つに挙げられた拠点です。
ところが、孫一が拠点とした城、というのは実は特定ができません。
ゲリラ戦法を得意としていた彼らに防御施設の城など無用だったのかもしれません。

saigajyo (10)「妙見山城」とも呼ばれ、雑賀城といわれる丘。

雑賀城(妙見山城)は養珠寺の背後にある丘に築かれています。
寺は徳川頼宣の母養珠院の位牌を安置するために建立されました。
城の丘はさほど高くなく、周囲の山々より低いくらいです。

saigajyo (9)南の麓、セブンイレブンさんから見ると城址らしい姿です。

saigajyo (6)麓の津屋公園内にある雑賀城に関する案内板。

丘の南端部にある妙見堂から北の千畳敷と呼ばれる城跡山公園一帯が城域です。
5分もあれば頂上に到着できます。
駐車場は養珠寺さんにお借りしました。

saigajyo (7)・・こ、これだけ?(´・_・`)

末尾にちらっと記される雑賀城の説明。
これだけでは説明になっていませんが、雑賀城を「ここだ」と特定している自信が良い。
先ずは登ってみます。

saigajyo (5)
頂上手前の様子。鳥居が朝日を浴びています。

この鳥居の向いている方向を地図上から線を引くと・・、
なんと熊野本宮社に行きつくとか・・。(確かにそのようです)
雑賀衆の掲げる八咫烏の旗指物も、ここに関係しているんですね。

saigajyo (3)
頂上には妙見大菩薩のお堂があります。

saigajyo (2)

saigajyo (4)
それほど広いとは言えない頂上部です。

城の遺構らしきものは、正直あまり見当たりません。
妙見山の頂上周囲の斜面が切り削られているぐらいです。
あとは千畳敷の角に物見岩があったかどうか、ぐらいのものです。

saigajyo (1)千畳敷からみる今一つの拠点、秋葉山の弥勒寺山城。

雑賀城は明確な遺構が残っておらず、古城跡の面影はほとんど見られません。
ここでは雑賀孫一らが織田軍の足跡を感じ取り、その虚を突く奇襲作戦を練った場所、
・・そう考える方が自然で、なんだかそれだけで楽しくなってきます。

saigajyo (8)
雑賀城下を流れる和歌浦川も外郭防衛として利用されたようです。

・・さて、帰りに養珠寺の方から大変興味深いお話を伺うことができました。

雑賀鉄砲衆の狙撃型連射方式「雑賀撃ち」についてです。
考案したのは雑賀孫一らしいのですが、一体どんな射法なのでしょう?
織田信長による長篠・設楽原の合戦における「三段撃ち」は有名ですよね。

「雑賀撃ち」なるものはこうです・・。

一人の鉄砲の達人に後ろから発射用意できた銃を次々と渡して撃っていく手法です。
複数の一流スナイパーたちが狙った敵を確実に討ち抜いていく・・、脅威的です。
紀州において織田軍の有能な将士が次々と命を落とした一因はここにあるのかもしませんね。
原田(塙)直政は落命、信長自身も深手を負います)

saigajyo1.jpg 熊野本宮社の八咫烏石紋。

※「雑賀撃ち」とは私的に使用した表現であって一般的な呼び名ではありません。



 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

 久太郎 (Q-tarou)

Author: 久太郎 (Q-tarou)
ようこそいらっしゃいました。
久太郎と申します。
「城跡が好き」
ただそれでけでブログを立ち上げている城好き若輩者です。
おかげさまで、開設以来、3年目を迎えることができました。

地元の岐阜県内美濃地方の城址を中心に自分なりの想いを込めてじっくりと巡ってまいります。たまに遠征なんかにも出かけます。

時に「ゆるく」時に「鋭く」五体と五感をフル回転。城址での様々な出会いと独自の感覚を大切にしてつづっていきたいと思います。

また城址付近のダムや棚田、名水といった気持ちを揺さぶられる箇所にも寄り道していきます・・。
趣味のマラソンも自分のペースで好きなように走ってます。

どうかご笑覧くださいませ。

対馬にプチ出国してきました。
7月7・8日と対馬国境マラソンに出場しました。
かつてないほどの災害になろうことを予測しなかったわけではありません。
災害に遭われた方々や関係者様方の気持ちを想えば不愉快な内容になってしまうことばかりでしょう。
未だ復旧の道筋が見えない中でも、どうか希望を捨てず一日を積み重ねて行っていただきたい、と思い久太郎も復旧ボランティアに参加する意を決心いたしました。
何ができるかわかりませんが、少しでもお力になりたいです。
最新登城記事
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新コメント
検索フォーム
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
リンク
来城者数