美濃 戸狩城 🏯武田氏勢力の築城と伝わるが・・。

美濃 戸狩城 (岐阜県瑞浪市明世町戸狩・城山)

戸狩城は戸狩砦、とも呼ばれている瑞浪市の城郭です。
信頼に足る文献には記されていない城砦ですが、里伝ではその由来が伝わっています。
実際に遺構はほぼ完存していますので調べに行ってまいりました。

togarijyou (13)戸狩山、城山、とも呼ばれる山上一帯が城址と伝わります。

年号などははっきりしていませんが、武田氏の東濃侵攻の際に築かれた砦とされます。
武田方・秋山虎繁の武将、仁木藤九郎がこの地に攻め入り、民家の戸を刈り集め急造したようです。
そのため、戸狩村の戸狩城、と名付けられた訳です。

togarijyou (1)
一乗院山門から中腹まで車でも登っていけます。

togarijyou (7)
一声お掛けして駐車場をお借りしました。

togarijyou (6)
主郭から南面に向かって段々に曲輪が配置されています。

togarijyou (8)
東西に50メートルにも及ぶ長い郭もあります。

togarijyou (5)
曲輪間には仕切り土塁とも、スロープとも解釈できる遺構が多々見られます。

togarijyou (12)主郭の北側は土壇状となって高くなっています。

togarijyou (9)
土壇入口には虎口のような曖昧な遺構も確認できます。

togarijyou (2)
若干の石積の址が見られますが、土留め程度にもなっていないようですね。

togarijyou (11)主郭背後を大きく断ち切る堀切が設けられています。

堀幅も8メートルほどあり深さもある大堀切になります。
堀底から主郭部へはスロープによって連絡できるようです。
また堀切は両端部が竪堀となって東西へと落ちていきます。

togarijyou (10)
主郭西側の大竪堀。

背後に見られる大堀切と竪堀は城郭としての位置づけを確定しているものです。
普請量としてもそれなりの大きさを理解できます。
しかし縄張り自体は単純で切岸と元々の自然地形に頼ったものに感じました。

スキャン_20180225 (2)

曲輪間の仕切り土塁や竪土塁などの多用が意味不明なのですが、
部分的に後世、何かしらの転用や改変を受けているのかもしれません。
少なくとも、遺構から武田氏築城を裏付けする、となると・・ムズカシイ所ではあります。

togarijyou (3)
元々の大手道は高速道路建設によって分断されています。

togarijyou (4)戸狩城・大手からの眺めは瑞浪市内を一望できます。

南正面に小里城がはっきりと確認できます。
織田方による小里城~鶴ヶ城~御嵩・兼山城の防衛ラインの内側に何故、武田方の砦があるのか?
その伝承も確たるものではないので一時的であるにせよ、不思議に感じました。

かといって織田方によって固められたとする痕跡も文献も見当たりません。(う~ん、八方塞がり)
戸狩城は立地的にも距離的にも鶴ヶ城・小里城と連絡できる位置にあります。
今後はその関係性を論じていくのも面白いかもしれませんね。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

時にゆるく時に鋭くがモットーです。

らんまるさんへ

コメントいただきありがとうございます!
「城に対する愛情」と「地元愛」、いずれも城調査とは切っても切り離せない特別な部分ですね。裏を返せば、記事に個性が出せる部分でもあるわけです。

自分も、‥正直言わせていただくと県外の城の記事は書き辛いのです(笑)。
だってたかだか滞在時間は何十分、長くて数時間、その城の表皮の上っ面だけをみて帰るわけですから・・。
それに対して地元の城に関しては一つの城に一日中、場合によっては4回、5回と足を運び、何年後に再度、視点を変えて見学したりしますよね?。
図書館では地誌や史料もしらみつぶしに探ります。

無意識に文章の重みが違ってきて当然ですよね。

それでも自分の知っていること、考えていることは半分も書いていません・・。
それでは内容が専門的になりすぎるからです。語ってしまうから(笑)。

ですので自分のモットーはブログ袖にも示してあるように
「時にゆるく、時に鋭く」なんです。
いつでも自由で肩を張らないレベルの楽しい城調査です。
そして今の私を育んでくれた各地の憧れの城跡を地元中心に訪問していくつもりです。

ワタクシなどにいつも鞭撻くださる、らんまるさんにはいつも本当に感謝しています。こちらこそ教えを乞いたいことばかりです。
今後ともよろしくお願いいいたします!!

久太郎より

地元の城は地元のヤツに聞け

こんばんは。

信濃の山猿の小生が、頭から湯気が出るほど安土城の事を文献で調べて、足がパンパンになるまで現地踏査して記事を書いたとしても「地元愛」が足りず説得力にも欠ける・・・。

しかし、郷土愛に満ちた地元の方が記事にすると僅か数行でもその重みは格段の違いをみせる。

全国区を行脚する諸先輩を否定するつもりは毛頭ないのだが、「地元の城は地元のヤツらが語ってこそ真価を発揮するのだ」と信じてやまないし、その主張を曲げるつもりも無い。

信濃の山城の第一人者である宮坂武男氏も、山梨の山城と城館を調べ始めたまでは良かったが、ここはホームではなくアウェイなんだと思い知らされたという。だが、そこを乗り越える探求心には脱帽でした。

久太郎さんの記載する美濃の城には、その一つ一つに愛情が込められているように思います。この城は小生も初見でしたが、「おお、あの瑞浪市にあるのか・・」
(最初はこの都市の漢字さえ読めませんでした・・・汗)と感慨ひとしおですw

雑賀孫一も良いのですが、もっともっと美濃の城について貴殿に教えを請いたいと思うこの頃です・・・・(笑)
プロフィール

 久太郎 (Q-tarou)

Author: 久太郎 (Q-tarou)
ようこそいらっしゃいました。
久太郎と申します。
「城跡が好き」
ただそれでけでブログを立ち上げている城好き若輩者です。
おかげさまで、開設以来、3年目を迎えることができました。

地元の岐阜県内美濃地方の城址を中心に自分なりの想いを込めてじっくりと巡ってまいります。たまに遠征なんかにも出かけます。

時に「ゆるく」時に「鋭く」五体と五感をフル回転。城址での様々な出会いと独自の感覚を大切にしてつづっていきたいと思います。

また城址付近のダムや棚田、名水といった気持ちを揺さぶられる箇所にも寄り道していきます・・。
趣味のマラソンも自分のペースで好きなように走ってます。

どうかご笑覧くださいませ。

フルマラソン走りました!
5月27日、富山県黒部市にてフルマラソンを走ってきました。
自然豊かな山河と田園風景に心も癒されました。
42kmにも及ぶ暖かい地元の方々の声援は底力となって響き、情熱にあふれたランナーさんたちとお友達のY吉さんからもパワーをいただきました。
・・そして戦国越中を彩る数々のお城址もしっかり見学してこれました(笑)
多分、城記事は書けそうにないのでご報告までになりそうです。
最新登城記事
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
検索フォーム
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
リンク
来城者数