FC2ブログ

兼山城とセットで兼山ダムへ

兼山ダム (岐阜県加茂郡八百津町和知針田) <木曽川水系木曽川>
形式:重力式コンクリートダム

春うらら・・城と花見とダムめぐり・・。(疲れてんのかな・・(´・_・`))

前回に引き続き「城とダムのセット」シリーズ第2弾として兼山ダムへ訪問しました。
関西電力ダム系の代表的なフォルムが特徴です。
「日本の近代土木遺産」にも選定されているように正統派の堤体がカッコいいのです。

kanedam (2)14門のラジアルゲートが整然と居並ぶお姿・・、硬派です。

木曽川筋の大井、笠置、兼山、川辺、今渡と続くダム群は兄弟のように似ていますね。
それぞれの地形にあった姿にふさわしい堤体で、仕事ぶりも渋いです。
一度まとめて並べ比べると面白いと思いますので、・・やってみましょう!(いつか・・)

kanedam(3).jpg 望遠にてマックスまでよる。

kanedam(4).jpg本日は豪快な放水音が間近に聞こえてきました。

あ・・、書き忘れましたが、兼山城とセットで、というお話です。

「兼山城」ですが、城址碑の文字も、昨今の書籍も「金山城」と表示されるのが一般的です。
あくまで自分的には由緒正しい「兼山」のほうを採用しております。(こだわり)
だって、「金山城」って全国にいっぱ~いあるじゃないですか。
(君の考えは間違ってる、というご意見ございましたら、コメントにてお待ちしております)

そんな「兼山」論を後押ししてくれる心強い味方、兼山ダムでした。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

 久太郎 (Q-tarou)

Author: 久太郎 (Q-tarou)
ようこそいらっしゃいました。
久太郎と申します。
「城跡が好き」
ただそれでけでブログを立ち上げている城好き若輩者です。
おかげさまで開設以来3年目を迎えることができました。

地元の岐阜県内美濃地方の城址を中心に自分なりの想いを込めてじっくりと巡ってまいります。たまに遠征なんかにも出かけます。

時に「ゆるく」時に「鋭く」五体と五感をフル回転。城址での様々な出会いと独自の感覚を大切にしてつづっていきたいと思います。

また城址付近のダムや棚田、名水といった気持ちを揺さぶられる箇所にも寄り道していきます・・。
趣味のマラソンも自分のペースで好きなように走ってます。

どうかご笑覧くださいませ。

最新登城記事
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新コメント
検索フォーム
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
リンク
来城者数