FC2ブログ

三河 古宮城 🏯三河における甲州流城郭の代表塞

三河 古宮城 (愛知県新城市作手清岳・宮山)<市指定史跡>【続・日本100名城】

古宮城は長閑な田園地、比高50m程の独立丘陵に築かれています。
この城は武田氏の家臣・馬場美濃守信春によって築かれたと伝わり有名です。
甲州流築城術の粋を極めた大要塞の姿が素晴らしいのでおススメしたい城です。

furumiya (10)手軽に登れる古宮城のある宮山全景。

そんな古宮城、「続日本100名城」にも登録され、前途洋々なハズなのですが・・。
・・なにせ三河の山間部、交通アクセスが不便なためもあり、
綺羅星の如く名城揃いの愛知県内では後回しにされる一方です・・。

という事で・・美味しい五平餅を食べにも行ってみませんか?(;^ω^)

furumiya (1)白鳥神社前に案内看板がございます。

脇の小さな案内板には名城スタンプの設置場所も記してあります。
スタンプは城址内にはありませんので、お目当ての方はチェックを。
(作手歴史民俗資料館、もしくは近くのコンビニ、Yショップつくで店さんまで)

furumiya (2)
巨大なヒノキに囲まれて、頭クラクラ💫。

furumiya (3)高い土塁に囲まれた主郭南側の桝形虎口。

武田氏城郭によく見られる両袖内桝形虎口と呼ばれる遺構です。
虎口内でクランクが見られ、両脇から横矢を掛ける仕組みですね。
一視点で見られるこれ程の鮮やかな遺構、そうそう見られません!

furumiya (4)
曲輪のラインに沿って土塁がぐるっ、と巡るります。

furumiya (5)
森林自体が非常に手入れされているので真夏の見学でも問題ありません。

furumiya (7)
各曲輪には幾重にも横堀と土塁が重ねられています。

furumiya (6)
東と西の曲輪間を大規模な堀と竪堀で分かちます。

furumiya (9)
土橋から見た大堀切。

furumiya (8)絵に描いたような山城テクニックの目白押しに驚嘆!(*゚Q゚*)。

武田氏の領国境、いわゆる境目の城に多く使われた技法が見られます。
遠江の諏訪原城など、武田氏の家臣・馬場美濃守信春によって築かれたとされる古宮城。
三河に侵攻し、作手の亀山城主・奥平氏を降し、この地における拠点として築かれたのでしょう。

城跡周囲には山全体を総堀と思われるような堀も巡っています。
中世山城の完成型といっていいもので、近世城郭への過程も感じ得ます。
また見学のしやすさもあり、教科書的なわかりやすい山城でもあります。

城郭初心者の方でも充分に遺構を読み解きできる素晴らしい城です。
是非ともその姿に驚嘆して欲しいものです。

・・あ・・美味しい五平餠、写真撮るの忘れちまったです、申し訳なしデス・・(ノ_<)。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

完璧を求めるとこうなるのですね。

しんこうさん、ありがとうございます。

古宮城にも亀山城にも行かれてたのですね!
さすがだなぁ~と仰天いたしました。

山城といってもこのぐらいの比高なら楽チンですよね。

人は城、人は石垣、なんて言ってた武田軍がこのような城をあちこちに造ったことに正直呆れるくらいです。
しかもおそらく何もない状態からの全山普請ですので、使役される側としては相当な負担だったに違いありません。

馬場美濃守はきっとA型人間だったに違いない、その完璧な縄張りプランからそんな想像さえしてしまいます。

No title

久太郎さん

こんばんは、毎度お邪魔しております。
名古屋勤務時に登城しましたので、懐かしく拝見させて頂きました。

確かに山間部で交通の便が悪いんですよね。でも、古宮、亀山など魅力的な城がある地域なので、ほっとくわけにもいかず、豊橋からレンタカーで行ってきた思い出の城です。

久太郎さんの解説の通り色んな技巧が見られ、また、多くの曲輪に幾重の堀と土塁に目がくらみそうになった記憶がよみがえってきました。
また、いつかいけるかなぁ~

プロフィール

 久太郎 (Q-tarou)

Author: 久太郎 (Q-tarou)
ようこそいらっしゃいました。
久太郎と申します。
「城跡が好き」
ただそれでけでブログを立ち上げている城好き若輩者です。
おかげさまで開設以来3年目を迎えることができました。

地元の岐阜県内美濃地方の城址を中心に自分なりの想いを込めてじっくりと巡ってまいります。たまに遠征なんかにも出かけます。

時に「ゆるく」時に「鋭く」五体と五感をフル回転。城址での様々な出会いと独自の感覚を大切にしてつづっていきたいと思います。

また城址付近のダムや棚田、名水といった気持ちを揺さぶられる箇所にも寄り道していきます・・。
趣味のマラソンも自分のペースで好きなように走ってます。

どうかご笑覧くださいませ。

最新登城記事
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新コメント
検索フォーム
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
リンク
来城者数