FC2ブログ

三河 川尻城 🏯三河奥平氏始まりの城

三河 川尻城 (愛知県新城市作手高里・城山)

前回は奥平氏が居城とし、一族盛衰の決断を下した亀山城について触れました。
武田氏築城の古宮城とセットでの亀山城訪城もおススメいたしました。
・・もし今少し時間に猶予があるのなら、今回の川尻城まで欲張ってはいかがでしょうか。

kawajirimk (1)比高40m程の小山に築かれている川尻城。

作手中学校の西側から見た姿です。
それほど高い山ではないので登城も手軽です。
古宮城、亀山城、と続けて登っても体力的にはまだ余裕のよっちゃんですね。
(・・多分(^_^;))

kawajirimk (2)
軽自動車なら一気に頂上本丸まで行けちゃいます。

公園の南側に駐車場があるのですが、車で一気に林道を駆け上がればそこはもう本丸主郭部。
あっという間ですが、やはり見学には軽自動車がおススメ。
ここは普通自動車ではちょっと厳しいかな・・。

kawajirimk (3)

川尻城は応永年間(1394~1428)に奥平貞俊によって築かれたと伝わります。
上野国甘楽郡奥平郷が発祥という奥平氏が三河国作手に移り築いたのがこの川尻城です。
貞俊はその後、亀山城を新たに築いて、川尻城はその支城となりました。

kawajirimk (5)模擬冠木門が良いです。

現在、川尻城は「創造の森城山公園」として整備されております。

kawajirimk (6)
柵も部分的にこしらえてあり、中世山城の雰囲気も。

kawajirimk (4)
本丸の石段は後世のものでしょうか。

kawajirimk (9)
本丸の高台部には忠魂碑が立ちます。

kawajirimk (8)
主郭部の東に残っている土塁線。

kawajirimk (7)
東へ続く尾根には堀切もあります。

kawajirimk (10)
城郭建築風の厠もきれいで整備されていました。

川尻城では奥平氏初期の城郭なりがよく見学できます。
亀山城と比べると遺構は全く単純なのですが、その素朴さに
まだ軍事的緊張が薄かったころの平和な奥三河を感じました。

kawajirimk (11)作手村オリジナルの統一城址碑シリーズです。ヽ(´∀`)ノ

kawajirimk (12)
亀山城同様、川尻城からもはっきりと古宮城の姿が・・。
(往時の奥平氏はこの古宮の城山にも目を付けていたハズです)

kawajirimk 2(14)
自然を愛する方なら城山裏手からのダート林道も超おススメです。
(川尻城の尾根続きからの登り口に到着しますよ)

kawajirimk (13)
里山の中を気持ちよく走る(歩きもいいです!)のも楽しみですよ。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

 久太郎 (Q-tarou)

Author: 久太郎 (Q-tarou)
ようこそいらっしゃいました。
久太郎と申します。
「城跡が好き」
ただそれでけでブログを立ち上げている城好き若輩者です。
おかげさまで開設以来3年目を迎えることができました。

地元の岐阜県内美濃地方の城址を中心に自分なりの想いを込めてじっくりと巡ってまいります。たまに遠征なんかにも出かけます。

時に「ゆるく」時に「鋭く」五体と五感をフル回転。城址での様々な出会いと独自の感覚を大切にしてつづっていきたいと思います。

また城址付近のダムや棚田、名水といった気持ちを揺さぶられる箇所にも寄り道していきます・・。
趣味のマラソンも自分のペースで好きなように走ってます。

どうかご笑覧くださいませ。

最新登城記事
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新コメント
検索フォーム
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
リンク
来城者数