FC2ブログ

三河 高縄城(大津城) 🏯戸田氏との関連深い城

三河 高縄城(大津城) (愛知県豊橋市老津町西高縄)

「不要不急の外出を控える夏」、・・・。
かつてそんな夏はなかったように記憶しております。
もちろん、久太郎にとっては城巡りを控える夏はございません。

皆様におかれましては残暑の候、心からお見舞い申し上げます。

三河の畔田城に続いて訪れた城、高縄城を訪問しました。
高縄城は現在市立家政高等専修学校の敷地となっています。
夏休みに訪れたため学校はお休み、西側の麓から見学しました。

tnwj (5)高縄城全体フォルムは南側から確認できます。

takanawa (1)高縄城は渥美の雄・戸田宗光の田原城を築いて移るまでの居城でした。
その後戸田忠次が徳川家康の旗下として緒戦で活躍、大津城と付近に2,300石を与えられました。

当初、三河一向一揆では一揆衆としてこれに応じた忠次でありましたが・・。
戸田氏は元々徳川氏とは縁戚関係があったため、内通を疑う者もありました。
この風潮に対し、忠次は徳川方に転じ、徳川家康に謁して一揆鎮圧の軍勢に加わわりました。

その後は家康の下で主だった戦いにて戦功を重ねていきます。
「徳川二十将」の一人として挙げられていますが何故か十六神将からは外れていますね。
(徳川二十八神将にもその名は見えず・・??・・)

そして徳川家の関東移封にともない、伊豆下田城、5,000石の封地を賜ります。
文禄・慶長の役の折には、忠次は老齢の身ながら家康に「朝鮮出陣あらば推して従軍せん」と懇願。
これを聞いた豊臣秀吉は、忠次をして「壮者の亀鑑」と称賛したといいいます。

takanawa (3)
現在、高縄城は大部分が学校や畑地に変わり、堀と土塁の一部が残っています。

tnwj (2)畑になり削り残された土塁址が周囲に断片ですが確認できます。

tnwj (4)

tnwj (3)
東西に延びた台地上に構えられたかなり広大な城であったようです。

tnwj (1)ブッシュとなっていますがかなり大きな堀切の端部も確認できました。

地形的に尾根の南北を大きく遮断する堀切が存在していたと思われます。
堀切写真の右側の上には土塁痕がありますが高さから櫓台であったのかもしれません。
周囲が切り崩された現在はどうにも確認のしようがありませんでした。

吉田城と田原の城のほぼ中間点に当たる重要な城であったと思われます。



Ⓢには城址碑があります。
Ⓖ周辺一帯が高縄城の主郭部だと思われます。周囲には土塁痕が見られます。

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

 久太郎 (Q-tarou)

Author: 久太郎 (Q-tarou)
ようこそいらっしゃいました。
   久太郎と申します。
   「城跡が好き」
ただそれでけでブログを立ち上げている城好き若輩者です。
皆様のおかげで開設以来5年目を迎えることができました。
(2016年4月6日開設)

地元の岐阜県内美濃地方の城址を中心に自分なりの想いを込めてじっくりと巡ってまいります。たまに遠征なんかにも出かけます。

時に「ゆるく」時に「鋭く」五体と五感をフル回転。城址での様々な出会いと独自の感覚を大切にしてつづっていきたいと思います。

また城址付近のダムや棚田、名水といった気持ちを揺さぶられる箇所にも寄り道していきます・・。
趣味のマラソンも自分のペースを大切にして走ってます。

どうかご笑覧くださいませ。

最新登城記事
カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新コメント
検索フォーム
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
リンク
来城者数