FC2ブログ

美濃 福原城 🏯三河に向けられた監視城

美濃 福原城 (岐阜県恵那市串原福原・城之根)

平日は早朝5時に起床するのですが、外はまだひんやりして暗いです。
日が短くなっていくほどに秋の夜長を愉しむ今日この頃。
こうして訪問した城址を想い出しながら、記事として浸れるのも贅沢な時間です。

恵那市旧串原村の城郭めぐりの続編はまだまだ続きます。
今回は愛知・岐阜の県境、すなわち三河・美濃の国境にあった福原城を紹介します。
小さな城ですが、カワイイ、とさえ思える姿がそこにはありました。

fukuharaj (1)足下は矢作川と名倉川の合流点となっている三河からの玄関口。

矢作川に面した東側は崖っぷち。
かつては麓に林道もありましたが、現在は落石のため通行止めになったままです。
西側の谷間から登れば比較的登りやすいです。・・道はありませんが・・。

fukuharaj (3)南北に延びる城域の南側には小さな曲輪が4段連なります。

段差自体に鋭さは感じられません。
後世、地主さんによって畑地に利用された、との伝承もあります。
しかし、城柵のみの施設として元来からあった遺構と考えられます。

fukuharaj (4)
下の曲輪に行くほど尻つぼみとなり・・、

一番下の曲輪?は人が二人立てるかどうか、くらいの狭さ・・。
fukuharaj (2)

fukuharaj (5)削平された頂部の様子。(手前のくびれから細くなってます)

北に続く尾根にはかつて深い堀切があったようです。
現在は耕作地として均されてしまいましたが、面影を見ることができます。
本丸は骨付きローストチキンレッグのような美味しそうな形をしています。(下に図面あり)

fukuharazu.jpg全面南向きの日当たり良好な城です。

やはり背後の堀切があったとなるとカッコ良いのですが・・
きれいに均された後世の耕作地の址も、それはそれで歴史の一部なのです。
南側の細尾根にも土橋付の堀切があったそうですが、これも面影を見るのみです。

sannsyuu.jpg福原城から三河方面を眺めます。
矢作川の対岸には三河の城砦、押川城(左)、川手城(右)が手に取るように見えます。

三河との渡河点や南信濃からの河川沿い道を監視したのでしょう。
このあたりは信濃・美濃・三河、各々の小城砦が集中しています。
現在では長閑な田舎ですが、当時は常時緊迫した地帯だったのかもしれませんね。

fukuharaj (7)
すぐ近くには押山大滝が轟音をたてていました。

滝のすぐ下流に「滝見橋」があり、橋の上から手軽に見学できます。
春は新緑、夏は清涼を、秋は紅葉、冬は墨絵の世界が楽しめそうです。
矢作ダム、矢作第二ダム、黒田ダムといったダムも見応えありますよ。(ダムカード貰えます)

・・別に観光大使ではありませんが(笑)、串原村、いい所です!
福原城は案内板も無く、これといった登山道や遺構もありません。
下から眺めるだけでも城の役割を感じられるプチ城郭でした。

fukuharaj (6)
矢作川・名倉川、共に美しい清流です。



Ⓢは福原公園があり駐車可能です。
Ⓖは主郭部ですが、登山道はありません。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんわ、らんまるさん。
コメントいただいておりながら、気付かなかった💦です!
遅くなりまして・・。

「中世の山城にメジャーもマイナーも3Aもない・・・そこにあるのは、明日を生き延びよう必死に汗水流して作られた執念の強烈な残影である」

・・素晴らしい名言ですね、来年のカレンダーは
「毎日、らんまる!」の名言集で決まりですね!(笑)


確かに山城にメジャーもマイナーもないのですが、ただ世間がそれを決めつけているだけですよね。100名城、続100名城、確かに名城には違いありませんが、陰で支えてきた一砦、一狼煙台にも当時の渾身の想いが込められています。私にはそこから感じ取れる息吹のような「残影」のほうがストレートに伝わってきますね。

姫路城もあの江戸城でさえも、できたてほやほやの出発点は今回のような名もなき田舎の一城に過ぎませんでした。城として成り立った由来は最初はどこも同じなのだ、と思うのです。

むしろほぼそのままで今日までひっそりとその姿をとどめてきた彼ら?こそ
久太郎にとっては名城なのです。(←これって名言ですか??)


山城・ダムカード・滝の三拍子

♪誰かさんが だーれかさんが だーれかさんが見ーつけたぁ ちさい砦 小さい砦 ちいさい砦 みーつけたあ ♪

見張砦を置くにはいい場所ですねえ。確かにここは奥三河、根羽村、明智をつなぐ交通の要衝。頂上だけ削ればよさそうなものを、ご丁寧に中途半端に段郭を造っちゃうのが、当時の緊迫感を感じさせますネ(笑)

「中世の山城にメジャーもマイナーも3Aもない・・・そこにあるのは、明日を生き延びよう必死に汗水流して作られた執念の強烈な残影である」(by らんまる)

名言ですね・・・(大爆笑)

吹けば飛ぶような砦にフォーカスをあてることは山城マニア冥利に尽きます。貴殿も、そして小生も・・・(チョッと何言ってんだかよくわかんない・・・汗)

これからも「何故そこを記事にする・・・」という想いを伝えてください。

それにしても、ダムカードがゲットでき、滝も拝めるなんて素晴らしい桃源郷です。そのうち、吉幾三!!おう!(ダメなおやじギャグに涙・・・)
プロフィール

 久太郎 (Q-tarou)

Author: 久太郎 (Q-tarou)
ようこそいらっしゃいました。
久太郎と申します。
「城跡が好き」
ただそれでけでブログを立ち上げている城好き若輩者です。
おかげさまで開設以来3年目を迎えることができました。

地元の岐阜県内美濃地方の城址を中心に自分なりの想いを込めてじっくりと巡ってまいります。たまに遠征なんかにも出かけます。

時に「ゆるく」時に「鋭く」五体と五感をフル回転。城址での様々な出会いと独自の感覚を大切にしてつづっていきたいと思います。

また城址付近のダムや棚田、名水といった気持ちを揺さぶられる箇所にも寄り道していきます・・。
趣味のマラソンも自分のペースで好きなように走ってます。

どうかご笑覧くださいませ。

最新登城記事
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新コメント
検索フォーム
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
リンク
来城者数