FC2ブログ

志摩 波切城 🏯九鬼嘉隆、飛翔の居城

志摩 波切城 (三重県志摩市大王町波切) 

嘉隆祭りに参加して鳥羽城田城城を訪問した後は、波切九鬼城に向かいました。
ある意味「嘉隆ゆかりの城まつり」、といった感じの行程を辿っているようです。
お腹もすいたので伊勢うどんで腹ごなしします。

iseudon.png
たまり醤油のタレが決め手ですね。

たまり醤油の色は濃く、見た目が塩辛そうですが旨味と甘みがあります。
味はまろやかで意外にシンプルな感じで美味しかったです。
麺は太くて、コシはあまりなく柔らかいのにモチモチしているのも特徴ですね。

nakirit (14)海に突き出した岬城の波切城を浜辺から遠望。

nakirit (3)
先ずは九鬼氏ゆかりの仙遊寺に立ち寄ってみました。

nakirit (5)
仙遊寺は波切九鬼氏・三代目の隆次によって建立されました。

nakirit (4)
境内には隆良・隆基・隆次・泰隆・定隆まで五代の五輪塔が安置されています。

ここからのんびり海岸まで歩いていきます。
近くには波切神社もあってここも城の出郭があったものといわれています。
海風がとても心地よく感じられました。

nakirit (1)
湾内は穏やかで澄み切った海が美しいです。

nakirit (2)大王崎灯台方面から俯瞰する波切城です。

大王崎灯台の西に公園として整備されています。
海側沿いに遊歩道がありますので、お土産屋さんの前を通っていきます。
お店やさんは、なんだか昭和の雰囲気が残った懐かしい景色でした。

nakirit (13)城址手前の広場に石碑がありました(^-^)/。

nakirit (8) nakirit (9)
周囲を海に囲まれた城内には八幡様とが祀られて、銅像(誰?)もあります。

nakirit (7)
ここからは大王崎灯台がよく見えます。

nakirit (10)岬の基部には土塁が備えてあります。

よく観察すると岩から切り出したような土塁です。だから「岩塁」でしょうか??
海に向かって弧を描いている様子が趣ありました。
背後は急斜面の切岸となっており、堀切があったようなイメージが湧きます。

nakirit (11)
全体像はこんな感じで、堀切は今となっては確認できません。

nakirit (12)航行する廻船をここから見張っていたのかと思うと気分に浸れます。

波切城は九鬼隆良によって築かれたと伝わります。
隆良より四代後の九鬼泰隆の時に田城城へ移るまで居城としました。
隆良の孫にあたる九鬼嘉隆はこの波切城で生まれたとされます。

波切城を本拠地とした九鬼氏は大王崎沖を航行する廻船から通行税を取り立てました。
折り合いが合わない時には海賊行為に及ぶこともあったようです。
以来、九鬼氏は海賊大名として怖れられたようです。

nakirit (6)
既に気分に浸りきっている弟クン、いい後姿なので一枚。

何気なく口ずさんでしまうのは鳥羽一郎さんの「兄弟船」。
♪波の谷間に~ 命の花が~ ふたつ並んで 咲いている~(^^♪
やけに気の合う兄弟鴎。今回の志摩の城めぐりはここで最後です。

はるか地平線を見据えながら往来する船がかすんで見えます。
この広い海を縄張りとした志摩の地頭たちも行き来していたのですね。
いつまでも眺めていたいなぁ・・、そんな気持ちになった波切城でした。


Ⓖは波切城の主郭部です。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちわ、しんこうさん。
記事に目を通していただきまして本当にありがとうございまっす。

GWは家でまったりしたり、近所で買い物、焼肉バーべQ、プチ非日常がいいですね。私も基本GWといえど普段と変わらない一週間なんですが、今回は5月に頑張って3連休を2セットとって、家族旅行と城友さんと能登遠征を予定しております。
その楽しみのためにせっせと働いております(笑)。

さて、九鬼氏は元々志摩では小さな領主だったのですが、織田の武将、滝川一益との繋がりができてから、急激に勢力を伸ばしていきました。
なかなか大河ドラマでは登場機会がない勢力ですが、ちょい役でもいいから出てきて欲しいキャラクターですね。

私もたまたまブラタモリの熊野大社の回は拝見しました。紀州-熊野‐奥伊勢-志摩の繋がりは熊野参りのラインで結ばれ、私もとても興味があります。
いつか熊野古道を歩くのが夢でもあります。

No title

こんにちは、しんこうです。

一応、GW真っ只中なのですが、雨やら家族の予定などがかみ合わず、今日は家でまったりとしております。

九鬼氏ゆかりの城、近辺の遺跡や観光地もあわせて楽しく拝見させて頂きました。九鬼氏は九鬼水軍ぐらいで、個人的にあまり知らない武将の一人です。大体僕の武将のイメージは良くも悪くも大河ドラマで醸成されていくもので、九鬼さんって、あんまり大河ドラマでお目にかかったことがありませんでした。

今日、録画していたNHKブラタモリを、だら~っとみていたら、熊野本宮大社の宮司さんは九鬼さんらしくて、久太郎さんの記事あわせて俄然興味がわいてきました♪

GW時間があればちょっと九鬼家の事情を調べてみようかと。

では
プロフィール

 久太郎 (Q-tarou)

Author: 久太郎 (Q-tarou)
ようこそいらっしゃいました。
久太郎と申します。
「城跡が好き」
ただそれでけでブログを立ち上げている城好き若輩者です。
おかげさまで開設以来4年目を迎えることができました。

地元の岐阜県内美濃地方の城址を中心に自分なりの想いを込めてじっくりと巡ってまいります。たまに遠征なんかにも出かけます。

時に「ゆるく」時に「鋭く」五体と五感をフル回転。城址での様々な出会いと独自の感覚を大切にしてつづっていきたいと思います。

また城址付近のダムや棚田、名水といった気持ちを揺さぶられる箇所にも寄り道していきます・・。
趣味のマラソンも自分のペースで好きなように走ってます。

どうかご笑覧くださいませ。

最新登城記事
カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新コメント
検索フォーム
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
リンク
来城者数