FC2ブログ

美濃 鶴ヶ城 🏯ハノ字型に展開する鶴翼の城

美濃 鶴ヶ城(神箆城)(岐阜県瑞浪市土岐町鶴城中町・城山)<県指定史跡>

今年の東海地方は「梅雨」と呼ぶに相応しい天候に覆われています。
雨模様なので、普段全くしていない小庭の手入れに勤しんでいる週末。
やり始めるとキレイになっていくのが面白く、キリがありません。

・・ついでに土塁や城柵でも作ってやりたい気分です・・。(何のために?)

さて、今回は瑞浪市の鶴ヶ城へ定期訪問(?)してまいりました。
まだ若かった二十歳の頃、弟クンと特攻服で登った、「ほろ痛い」思い出の城です。
それ以来、折に触れて登ること数知れず、子息らと昆虫採集にも訪れたりしています。

turugakouno (2)丁度JR線を電車が通過中。国道19号、中央高速道も足下を通る街道筋。

今回はまず始めに縄張り図を見て頂きたいと思います。
何故「鶴ヶ城」と呼ばれるようになったのかがよくわかると思うからです。
元々は※「高野城」「神箆城」といった名称ですが、別名のほうが正式名称になった例です。

(※「高野城」「神箆城」は(こうのじょう)と読み、他「土岐城」「国府城」とも呼ばれます)

turugajzu.jpg
本丸から派生する2つの出丸が羽を広げた鶴に似ているために「鶴ヶ城」と呼ばれます。
(上図:A東出丸とB西出丸ですね)

なんとも優雅なその名の由来。
さすが花鳥風月を愛する岐阜県美濃びとの心優しさ(自分除く)。
しかし地元・鶴町の方々からは驚きの表現を拝聴いたしました。

実は遺構の無いもう一つ西の尾根を入れて3本の尾根構えだと仮定。(上図C:古道尾根
3本の尾根で真ん中の尾根が鶴の首頭、その両脇の尾根をそれぞれ翼に見立てます。
するとどうでしょう、対面からみると、見事な「鶴翼の城」に見えるではありませんか!

この説には久太郎も目からウロコ、「な~るほど」と驚嘆したものです。

turugakouno (22)
車でのお越しは城址の東の諏訪神社の駐車場をお借りします。

諏訪神社は城主歴の中の一人、延友三郎兵衛信光の心願により勧請されました。
毎年10月の第2日曜日には秋の諏訪神社例祭が奉納されます。
雨乞い踊りの伝承に従う「鶴城笹踊り」が継承され、披露されています。

turugakouno (4)城跡入口には立派な石碑があります。

turugakouno (5)
QRコード説明付きの案内板、ご時勢ですね。

turugakouno (18)
城址碑から谷筋を登って行きます。

実はこの谷筋大手道、2つの出丸の間を縫って上がる道。
左右の出丸から乱射、乱投されたら、ひとたまりもない恐ろしい一本道です。
そんなお仕置きをくらう、という妙なドキドキプリキュア感もたまりません。

しかも途中の小郭には一の木戸、二の木戸なども用意されていたようです。
敢えて敵勢を呼び込みながら応戦する体制も想定されていたのでしょうか。
天然地形の桝形虎口に足を踏み入れた、と解釈すると解りやすいでしょう。

turugakouno (11)
先ずは両翼の一つ、西出丸(実際は本丸から見て南なのだが)を辿ります。

この西出丸の入口にも虎口があります。
到達した途端に御殿曲輪と出丸、上下両面から挟みこまれる仕掛けです。
単純と思いきや、狭い尾根基部を最大に活用しているのが面白いです。

turugakouno (9)
西出丸からの眺望は土岐市方面から屏風山系の山々がよく見えます。

turugakouno (12)
御殿曲輪へ向かう途中には「手洗鉢」なる石があります。

雨上がりしばらくはここに雨水が溜まります。
なかなかきれいな円形にくり抜かれていますね。
礎石として利用した門柱の穴だったのかもしれませんね。

turugakouno (13)
「葵の井戸」と呼ばれる大井戸。

よくある落城にまつわる身投げ井戸伝説もあります。
小心者の自分はおっかなくてあまり近寄れませんでした。
井戸は保水性があり、今日でも水を湛えてます。

turugakouno (20)
続いていま一つの翼、東出丸を辿ります。

写真では、出丸の先が明るくなって何も写っていませんね。
これは中央高速道路建設に伴う工事でかなりの土砂が削られたからです。
これは西出丸も同様ですが、東出丸はかなりの曲輪部分を消失しています。

昭和20年前後の図面ではこの西出丸、もう20メートルほど南東に延びていたようで。
両出丸は本丸から見ると末広がりのハノ字型を鏡に映したように展開していたそうです。
その光景は残念ながら見る事ができませんので、今は想像するばかりです。

turugakouno (14)
主郭部から出丸へと延びる土塁状遺構。

両出丸と主郭部との連結部には長い土塁が掻き残されています。
曲輪の外側に向け普請されており、外側谷筋からの攻撃に備えてあります。
葵の井戸や御殿曲輪を囲い守っているようにも感じます。

いざとなったらお互いの最短移動通路として使用された節も感じられます。

turugakouno (24)
そして「千畳敷」と呼ばれる本丸部に到着しました。

東西45メートル、南北20メートル前後の主郭です。
東側には虎口があり、東西の端部からはそれぞれの出丸へと連絡します。
ここに至るまで細かく折れ部分を通過していくのも見所でしょう。

turugakouno (16)鶴ヶ城は語るに長い歴史を有しています。

鶴ヶ城は 建仁年間(1201~1204)に美濃国守護・土岐光衡による築城とも伝えられます。
しかし確証はないにせよ、土岐氏一族によって築かれた可能性は大きいでしょう。
史実で明らかなのは天正2年(1574)、岩村城を足場に武田勢が東美濃に侵入した時です。

武田軍は岩村城の南西に位置する明知城を包囲します。
織田信長と嫡男・信忠は岐阜から救援に駆けつけ、こちらに着陣します。
しかし前回の記事で述べたように明知城は空しく落城してしまいます。

この頃の鶴ヶ城は城主として延友氏(三郎兵衛信光とその弟・佐渡守)の名がみられます。
信長は明知・岩村両城の押さえ対策として小里城城番の守将に池田恒興を配置。
この鶴ヶ城には黒母衣衆・筆頭の河尻秀隆を配置して備えました。

また、天正10年(1582)、甲斐侵攻作戦の際にも織田信忠は鶴ヶ城に宿泊しました。
東美濃衆を中心とした信忠軍団は補佐役の河尻を中心に形成されたようです。
そういった意味では当城が重要な東美濃軍事拠点であったことを物語っているといえます。

後、慶長5年(1600)関ヶ原合戦で、鶴ヶ城は岩村城主・田丸直昌の支城にありました。
この時は妻木城主・妻木頼忠らによって攻められ開城しました。
同じ東濃衆の妻木氏や小里氏、遠山氏らの攻撃に遭う、なんとも皮肉な終焉でした。

turugakouno (15)
本丸より岩村方面を見て、対武田への最前線を担った緊張感を感じます。

turugakouno (26)大規模な鶴ヶ城の大堀切は一見の価値あり!(;゜0゜)。

さて、ここ鶴ヶ城の隠れた見所は主郭続きの尾根を大きく断ち切った西の大堀切でしょう。
あまりにも急角度のためこの堀切に降りること叶いません(てか危険極まりない)。
みすみす見学しないであとにする方もたくさんいらっしゃるようです。

しかし、どうかこの大堀切を土産に見て下山していただきたいものです。
西出丸へと続く土塁が一旦途切れた箇所から降りる細道があります。
冒頭の図面でもポイントだけマークしてあります。

そしてここでお願いがあります。

是非とも見学をおススメしたい大堀切ですが本丸から直に降りることは絶対避けてください
滑落の危険極まりないですし、主郭端部と切岸の遺構を痛めてしまうからです。
軟質な土壌ですので大切に見学していただきたいと思います。

落ちたらスマホやカメラが壊れるではすみません、本当に怪我をしていまいます。

turugakouno (29)
堀底から見上げる本丸はこんな感じで絶壁状になっています。

しかもここから主郭を北方面に回り込むと西の堀切もおまけで見学できます。
もちろん西の堀切も主郭部から直で降りることはできません。
いかにこの主郭部が孤島状になっているかがわかると思います。

turuhori.jpg
逆(北)方面からみるとこんな感じで、本丸側は垂直状態です。デンジャラス!

鶴ヶ城は石垣や技巧的なパーツを持つ城ではありません。
しかし、鋭い切岸と多彩な折れ導線プラス木戸を多用した「土の城」そのものです。
城内へ深く足を踏み入れるほど、頭上の両出丸からの包囲殲滅攻撃を受けます。

外周は切り立った切岸で仕上げられ、滑りやすい土壌は登攀を困難にしています。
古くからここに城館が構えられたのには理由があるんですね。
戦国末期までこのプランで存続したことにも大きな意味を感じます。

それにしても在りし日の両出丸から延びる鶴の翼・・。
この目で是非とも見てみたかったものです。
・・いや、現地で瞳を閉じたら見えてくるかもしれません。


Ⓢは諏訪神社の駐車スペースを示してあります。
Ⓖは鶴ヶ城の登り口です。大きな石碑が目印です。
ここから眼下の高速道路がよく見えます。足早に往来する車やトラックをぼんやり眺めているのもなんか面白いものでした。
・・そんな変人、自分だけでですかね(笑)。

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

しんこうさんへ

しんこうさん、コメントいただきありがとうございました。
報道番組で、九州での激しい雨と被害の状況を聞くにつけ、心配しております。丁度一年前もそうでしたよね。(私は対馬でビクビクしてました・・)

さて、鶴ヶ城なんですが、地元の城だからでしょうか?、そんなつもりはないのですが、知らず知らずのうちに熱の入った記事になってしまったみたいですね。
高速道路建設の際に出丸の先端部が失われてしまったのは口惜しいですが、ここで信長信忠親子がどんな作戦を練っていたのか、なんて考えると、その軍議の末席にいるような気分が味わえ、重々しくも、楽しいです。

しかしながら、しんこうさん、苗木、岩村、明知の三城を見て頂いただけでもスゴイと思いますよ。それに加えて、久々利や金山、大森、今城も見学されて見えるんですよね?もう東濃城郭マイスターですよ!

いらしていただきどうもありがとうございました。

さて、夏は極力山城は行かないようにしていますので(行くこともありますが・・)、秋まではのんびり尾張の消滅?平城を回ってみたいと思っております。なるべく小牧・長久手の戦いに関係した城郭を扱っていくつもりです。
重箱の隅をつつくような城めぐりもあれば、奥方や子息らととの一触即発の駆け引きを掲載する城めぐりこともあるでしょう。

軽く、「またやってる」なんて読み流していただければ幸いです。

No title

こんにちは

らんまるさんもコメントされてましたが、久太郎さんのブログは毎度素晴らしいお城紹介ですが、今回の鶴ヶ城は特に鬼気迫る解説で、つい釘付けになっていました。これだけの熱い解説をされるのであれば、令和の城主になってもよいのではないかと思いましたが、、、

立派な石碑にQRコード、3本の尾根の鶴翼の城解説。地元の方々に相当愛されている幸せなお城だなぁと。
大体、建物の無いお城を地元の人に聞くと、「何もないよぉ~」と言われるのがほとんどなんですが、想定外にそんな鶴翼の城を解説されたら、ちょっとこちらが引きそうな感じがします(笑)

しかし、名古屋勤務時代に、超有名な苗木、岩村、明知は登城しましたが、この一帯は素晴らしいお城がまだまだ沢山あって、相当見落としてるなぁと実感しましたね。

あっ、そういえば久太郎さんのブログはこの鶴ヶ城に続いて、まだ三本あるのに気づきました、すっかり、鶴ヶ城に釘付けになってました(^^; これからゆっくり拝見させていただきまぁ~す

では(^^)/

庭いじりはいつも「激しい雨が」

らんまるさん、こんばんわ、月一コメンテイターさんからの2度目のお便りに薄ら笑いをしてしまいました。(気味ワル・・)

いつも「山城踏査はソロ活動」の私は、どこぞに仕える筆頭家老というよりは自由きままな草庵の一傭兵みたいなものかもしれませんね。

さて、雨といえばASKAでしょうね。ゆったりとしたメロディに雨の雫がお似合いの名曲が多いです。今日、私はザ・モッズの「激しい雨が」をシャウトしながら庭の剪定をしていました。そしたら、本当にバケツをひっくりかえすような雨に見舞われ、全身ずぶ濡れです。

え~!?、松本城、カラスの糞害と堀のヘドロでそんな状態なんですか!まさに烏城なんですね・・、でもあそこ結構はとぽっぽもいますよね。

全国には鶴城という城が結構あるものですが、大体、2つの尾根上に遺構が翼の如く展開しているのが定番ですね。但馬の鶴城なんかも見事ですよ。

鳥の名を冠した城は「鷹」とか「鷲」とかつくと、それだけで堅城のように聞こえてしまいますね。明知城の別名「白鷹城」なんて突然変異の怪鳥ですよ(笑)。
・・そういえば映画に「梟(フクロウ)の城」なんてありましたよね。愛知県豊田市には本当に梟ヶ城ってあるんですよ~。

なんか雑談まるけですみません、グンマーの城、しっかりと拝見させていただいてます、でもらんまるさんの踏査力、解説力には舌を巻くばかり・・、下手なコメントしたらこちらの化けの皮が剝がれそうで迂闊にできません。放出待ちのネタもまだまだあるようなので、楽しみにしています。


はじまりはいつも雨

こんばんは。

ASKAの曲から始まるコンピレーションアルバム「Rain songs」(1994)を聞きながら、まったりした雨の朝を迎えましたが、いつの間にか雨もやみ時々日が差す高温多湿の世界に変貌・・・

「聞いて無いよ・・・訴えてやる!」 ダチョウ倶楽部のギャグも通じないまま11時を回る・・(笑)

そんなアホなヤツはさておき、信濃の山城で鶴の名を持つ城跡は皆無だったような。
松本城の別名は「烏城」。その名の通り、近年はカラスの糞害と堀のヘドロでどうしたものでしょう・・(笑)

記憶を辿ると(結構あいまいですが・・・汗)、鳥の名を冠した城は確か佐久市の雁峰城(がんぽうじょう)と小諸市の鷺林城(さぎばやしじょう)ぐらいでしょうか。

雁峰城はその名の通り、両翼を広げた雁の姿の縄張りから付けられたようです。

それにしても、鶴ヶ城、素晴らしい・・・

貴殿の仰せの通り、えぐい大堀切を下りるという愚行だけは史蹟保護の観点からも止めて欲しいし、万が一にも死傷者が出たら入城禁止なんて措置になりかねない。
軍事的な視点としては「キルスポット」が立証されたことになりますし・・(汗)

いいなあー、貴殿のアテンドと解説、縄張図のオマケ付きで是非訪れてみたい城の候補筆頭家老ですね・・・(チョッと何言ってんだかよくわからない・・笑)
プロフィール

 久太郎 (Q-tarou)

Author: 久太郎 (Q-tarou)
ようこそいらっしゃいました。
久太郎と申します。
「城跡が好き」
ただそれでけでブログを立ち上げている城好き若輩者です。
おかげさまで開設以来4年目を迎えることができました。

地元の岐阜県内美濃地方の城址を中心に自分なりの想いを込めてじっくりと巡ってまいります。たまに遠征なんかにも出かけます。

時に「ゆるく」時に「鋭く」五体と五感をフル回転。城址での様々な出会いと独自の感覚を大切にしてつづっていきたいと思います。

また城址付近のダムや棚田、名水といった気持ちを揺さぶられる箇所にも寄り道していきます・・。
趣味のマラソンも自分のペースで好きなように走ってます。

どうかご笑覧くださいませ。

最新登城記事
カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新コメント
検索フォーム
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
リンク
来城者数