FC2ブログ

小牧・犬山周辺の両軍による構築砦を散策

小牧長久手合戦古戦場めぐり 
《その② 両軍の砦構築地帯めぐり編》
🎐久太郎 夏の自由研究🍉

前回の記事では森長可が家康軍に惨敗した羽黒八幡林古戦場を訪ねました。
この合戦場面の光景を時系列で追っていく、という今回のミッション。
自ら課した宿題とはいえ、本当にこの夏の内に終わるのでしょうか?

・・とても不安です(-_-;)。しかし掲げた以上やりきるしかないですね。

羽柴秀吉の楽田到着

天正12年3月27日~29日
秀吉は3月21日におよそ3万の兵を率いて大坂城を出発します。
3月25日に岐阜に進み、3月27日日に犬山に着陣、4月には楽田城に入ります。
すでに池田・森軍の敗報は秀吉の耳に届いていました。

gakuden33.jpg
秀吉到着まで堀久太郎秀政が預かってた楽田城。

両軍による城砦の構築・修復

家康が小牧山城に入り、秀吉の楽田到着までの間、両軍による砦の修築が活発化します。
既に廃城になった城館や、小高い丘や古墳などが自然その対象に選ばれました。
双方共に手が出せなくなり挑発や小競り合いを除けば、戦況は膠着状態となりました。

この回では両軍によって急きょ構築された砦をまとめて紹介してみます。
城砦の配置は細かく見れば北尾張一帯、非常に広範囲にわたるものです。
そのため先ずは犬山城~小牧山城周辺の城砦に絞って以下にあげてみます。

🏳主な羽柴軍城砦🏳(いずれもリンクできます)

楽田城
岩崎山砦  
久保山砦  
小松寺山砦 
田中砦   
二重堀砦  
小口砦

羽柴方の砦構築にあたって注目したいのはその守将の顔ぶれです。

稲葉一鉄父子、蜂屋頼隆、金森長近、堀秀政、長谷川秀一、日根野弘就兄弟ら。
みな名だたる美濃衆の有力者ばかり。ここに恒興と長可が加わるとどうなるか?
森長可によって制された東美濃衆も一堂に与同することになります。(せざる負えない)

一早く秀吉方に旗幟を示した美濃衆の背景には恒興・長可の強力な影響力がありました。
そしてかつての西美濃三人衆の筆頭・稲葉一鉄の参戦、これも多大な影響があります。
秀吉が大阪から美濃経由ですんなりと尾張に移動できた背景がここにあるといえます。
   
🏴主な織田・徳川軍城砦🏴(こちらもリンクできます)

小牧山城
蟹清水砦
北外山砦
宇田津砦
田楽砦

北伊勢の状況下動きがとれない織田信雄に代わって迅速に対応した家康軍。
各砦の守将には家康の旗本衆や信雄付の在地領主らとあたりました。
こちらも出来得る限りの最大限の突貫作業で対抗します。

両軍は小牧付近にて対陣状態になりました。
お互いが相手の出方をうかがう形となり、いずれも至近距離での睨み合いです。
史上稀に見る一触即発の緊張状態となりました。

今まさに両軍合わせて10万もの軍が横並びに居向かい合っています。

その打開策として秀吉軍はついに行動を起こします。
次回は長久手方面に向かう両軍の足取りを追っていきたいと思います。
・・この「夏の自由研究」、結構大変な作業になってきました・・(汗)。

でも、なんか楽しい!
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

 久太郎 (Q-tarou)

Author: 久太郎 (Q-tarou)
ようこそいらっしゃいました。
久太郎と申します。
「城跡が好き」
ただそれでけでブログを立ち上げている城好き若輩者です。
おかげさまで開設以来4年目を迎えることができました。

地元の岐阜県内美濃地方の城址を中心に自分なりの想いを込めてじっくりと巡ってまいります。たまに遠征なんかにも出かけます。

時に「ゆるく」時に「鋭く」五体と五感をフル回転。城址での様々な出会いと独自の感覚を大切にしてつづっていきたいと思います。

また城址付近のダムや棚田、名水といった気持ちを揺さぶられる箇所にも寄り道していきます・・。
趣味のマラソンも自分のペースで好きなように走ってます。

どうかご笑覧くださいませ。

最新登城記事
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最新コメント
検索フォーム
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
リンク
来城者数