FC2ブログ

尾張 上条城 🏯三河中入り隊、渡河前の駐留地点

尾張 上条城 (愛知県春日井市上条町二丁目付近一帯)

「晴耕雨読」という四字熟語があります。
晴れた日は外で活動し、雨ならば内にて活動するという人間本来の姿を表しています。
・・しかし昨今の夏の暑さ、日中での野外活動は熱中症の危険と隣り合わせですね。

夏の城めぐり、いつもより多めの水分を用意して、自販機等の有効活用もしましょう。

さて、今回訪れたのは春日井市の上条城です。
「じょう・じょう・じょう」と読みます。珍しい城名は一度聞いたら忘れられないジョウ・・。
上条城は現在、個人管理敷地内ということですのでが外観からの見学は可能です。

以前は上条城本丸跡地には個人邸宅と林がありましたが、近年取り壊されています。
現在は一部の堀や土塁等の遺構を残しつつ本丸を月極駐車場として活用されています。
立ち入り禁止区域となっていますので、この点に留意しての見学とさせていただきました。

jyojyo (1)市街地の中に残っている上条城の土塁。

土塁が北西隅の櫓台を含めて東西約70m、南北50mのL字型に残っています。
高さは最高点で6mほど、平均3mほどの高さです。
土塁の下には石積による補強が施されていますが、これは後世の土留め処理かもしれません。

jyojyo (4)
本丸南西隅部の土塁と堀の跡です。

かつては本丸を取り巻くように土塁と堀を巡らし二重の堀をもった一大城郭でした。
本丸と二の丸とを含めた三ノ丸の規模は東西約370m、南北約340mにも及んでいたそうです。
地内には林氏屋敷の母屋が現存し堀跡は側溝などに利用され、その大部分は宅地化されています。

jyojyozu.jpg『東春日井郡誌』より転載、上条城の縄張りです。

jyojyo (8)本丸北側の堀の様子です。すみません、ちょっとオーバーネットしてます💦

jyojyo (3)
「人呼びの丘」といわれる天守に相当する櫓台の跡です。

この櫓台は平時は見張り台として機能していたそうです。
戦いの時には村人を招集したり、水害時には頂上に登って村人に知らせたとされます。
丘の片隅には大国主命を祀った神殿と、磯城津彦命と祖先・今井兼平を合祀した祠もありました。

jyojyo (7)上条城跡の脇にある林家屋敷跡の石碑

上条城は建保6年(1218) 小坂光善が上条城を築城したのが始まりとされます。
時は鎌倉時代なので、歴史的にはかなり古くからの城館ということになります。
子孫の林重之の代に、名字を「小坂」から「林」と改姓しました。

戦国期になると、弘治2年(1556) 織田信長小坂孫九郎尉宗吉を上条城城主に任命します。
宗吉は信長の命令で家臣の佐久間氏らとともに上条城の拡張のため大改修を行ないました。
後に織田信雄の傅役を務め、信雄より「雄」の1字を拝命し、小坂孫九郎尉雄吉と改名します。

天正12年(1584) 小牧長久手の戦いの際、上条城は池田恒興からの要請をうけ羽柴側として協力。
城跡を修理して再び城砦化し、庄内川の渡河案内などをしました。
池田・森隊率いる軍が一時的にこの城に入城し二泊しています。

現地での散策と『春日井郡誌』図面から規模を推察するとかなり大きな規模だと解ります。
そしてこの規模なら羽柴軍の中継基地に相応しい城館だったとも推測できましょう。
この地に集結した三河中入り隊の面々は3つのルートに分かれて進軍していきます。

njyoujyou.jpgかつて邸内にあった上条城跡の石碑。(1987年4月1日 撮影)

当時撮影許可を承諾していただき撮らせていただいた一枚の貴重写真です。
邸地内は鬱蒼とした林となっており、少しだけ遺構の見学もさせていただきました。
番犬が放し飼いされており(案外おとなしかったですが)ちょっと怖かった記憶です。

今はこの石碑も行方不明だそうで、現地でも遠目に確認できませんでした。
篆書体(てんしょたい)と呼ばれる最も古い漢字書体で彫られていたこの石碑。
めったに目に触れることができない書体にして、最も歴史ある書体です。

とっても渋くてカッコいい、私の中で一番のお気に入り城跡石碑になりました。
帰りの電車内でも興奮冷めやらず、益々城めぐりが好きになっていきました。
そして邸内を見せていただいた家主・林さんには多大な感謝に溢れていました。

もうお目にかかれることはないのかと思うと残念でなりません。
背後に土塁が写っているこの写真は私の大切な一枚になりました。
自分が城めぐりを始めたばかりの、16歳・高校1年生の春のことです。

懐かしく思い出深い、春日井市の貴重な城館遺構、上条城でした。


上条城の本丸位置と石碑のある位置をマークしてみました。
月極駐車場内からの目視見学は可能ですが、バリケード設置されている敷地内は立ち入り禁止です。
北側の道からは深い堀の様子も見学できます。
マナーを守って見学しましょう。


スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

禄寿応穏の心意気に感謝

しんこうさん、こんばんわ
コメントいただきありがとうございました。
お盆でまったりしておりまして、コメント遅れてしまいました。

台風の被害はいかがでしたでしょうか?無事にやり過ごせたなら良かったですが・・。
今回の上条城のような部分的で島のように取り残された遺構でも都市部では貴重この上ない史跡です。しんこうさんのように注目していただける方がいるのか、と思うだけで紹介させていただきいた甲斐があったと嬉しく思っております。

小牧長久手の戦いを記事にした諸本や特集はよく目にしますが、今回の上条城や先の大留城など三河中入り隊の中継地点の城館についてはほとんど触れられていません。少しでも再注目していただければいいなと思います。

京都の山科本願寺は見てみたいですね!今度行ってきます!
あと尾張の緒川城は私も見ました。私もこれホントに土塁なんか??っておもっちゃいましたね!どう見ても曲輪の一部でしょ?って(笑)
緒川城は近々記事にしようかな、とも思っていました。なんか隠れスポットがあるんですよ~。(たいしたことありませんがね)

まだまだ暑い日が続き体に応える日もあることと思いますが、夏バテをしないようにご自愛くださいませ、いつも本当にありがとうございます。

PS.:救援百烈弾、ありがとうございます!



No title

こんにちは

台風10号接近中ですが幸い長崎は多少の雨で、風はほとんどありません。四国、中国地方の皆さんはこれから心配です。

この城は今では市街地にあるようですが、よく遺構が残っていましたね、ホントに奇跡ではないかと思いますが。

九州では、佐賀あたりにクリークを利用した城館はあるものの、平地に高土塁や堀を回している城館はあんまり記憶になくて、僕自身興味津々なタイプの城館なのです。

先月の遠征では、京都の山科本願寺の小山のような土塁を見てきましたが、こんなに高いとは思いもよらず。あと、愛知の緒川城とか。それにしてもこんな山のような土塁をいったいどんな広さに廻らしとるんかい。と、あきれるやら、腹が立つやらでした。京都の御土居はまだ見たことが無いので、そのうちいきたいなぁと。

この上条城も負けず劣らず、美しい土塁に空堀。是非ともみてみたいです。

では(^^)/

ねんさいさんへ

ねんさいさん、コメントいただきありがとうございました。
そして暑中お見舞い申し上げます。

上条城は春日井駅からも近くて足延ばしやすいと思います。

上条城の土塁と空堀は一部残存といえども、北尾張平野部の中ではそれでもよく残っているといえる貴重遺構と言えます。今の状態はなんとも微妙ですが、歴史ある城郭として保存していただけることを祈るばかりです。

夏はこんな具合に平野部の城館をテクテク歩いております。
全く遺構の無い市街地を細い道や溝、近くの神社仏閣まで入念に見て歩くとあっという間に10000歩を越えてしまいます。
過去に2度、3度と訪問している場所ともあって懐かしさもあり、新発見もあって楽しいですよ。

いつも見に来ていただきありがとうございます!

No title

春日井駅のそばに遺構のある城跡があるとはノーマークした。春日井駅は何回か行ったことがあるので上条城を見学する機会はあったのに残念でした。
土塁や堀は一部残っているみたいですが、駅のそばの住宅地なので再開発が心配です。説明板を設置して保存されればいいなあと思っています。
プロフィール

 久太郎 (Q-tarou)

Author: 久太郎 (Q-tarou)
ようこそいらっしゃいました。
久太郎と申します。
「城跡が好き」
ただそれでけでブログを立ち上げている城好き若輩者です。
おかげさまで開設以来4年目を迎えることができました。

地元の岐阜県内美濃地方の城址を中心に自分なりの想いを込めてじっくりと巡ってまいります。たまに遠征なんかにも出かけます。

時に「ゆるく」時に「鋭く」五体と五感をフル回転。城址での様々な出会いと独自の感覚を大切にしてつづっていきたいと思います。

また城址付近のダムや棚田、名水といった気持ちを揺さぶられる箇所にも寄り道していきます・・。
趣味のマラソンも自分のペースで好きなように走ってます。

どうかご笑覧くださいませ。

最新登城記事
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最新コメント
検索フォーム
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
リンク
来城者数