FC2ブログ

尾張 龍泉寺城 🏯織田信勝と羽柴秀吉、それぞれ宿命との対峙の場

尾張 龍泉寺城 (愛知県名古屋市守山区龍泉寺1丁目・龍泉寺)

お城好きな皆様、残暑お見舞い申し上げます。
お盆休みを挟んで長らく放置されたブログに戻ってまいりました。
猛暑と台風の到来で予定していた諸計画は吹き飛んだ夏休みでしたが・・。

さて、前回では上条城(ジョウジョウジョウ)を気分ジョウジョウで紹介いたしました。
今回は上条城から続いて庄内川を渡った龍泉寺城を訪問しました。
車内では「mihimaru GT」さんらの『気分上場↑↑』を聴きながら一人アゲアゲ。

一人の時は夏でも車内エアコンを入れないのがどうでもいいポリシーです。
窓全開でのノリノリ運転は傍迷惑もいいとこかもしれません。
・・本音をいいます、エアコンジムニーJA22=走らない説は本当なんです・・(哀)。

ryusenji (1)
名古屋城を鎮護する尾張四観音のひとつが龍泉寺です。

徳川家康は名古屋城築城の際に、鬼門の方角にあたる古刹に注目。
名古屋城の鎮護として尾張四観音を定めました。
尾張四観音()はどこも尾張の代表的な開基千数百年以上を経た古刹です。

愛知県名古屋市中川区荒子町の荒子観音
愛知県あま市甚目寺の甚目寺観音
愛知県名古屋市守山区竜泉寺の龍泉寺観音
愛知県名古屋市南区笠寺町の笠寺観音

ryusenji (2)
仁王門は重要文化財に指定され、多宝塔も美しいですね。

ryusenji (9)そして境内裏側には模擬天守が隠れています(*^_^*)。

この模擬天守、なにせ歴史考証を欠くが故にあまり知名度がありません。
知る人ぞ知る、といった隠れ天守スポットかもしれません。
それでも「天守(建物)至上主義」の城郭ファンにとっては一度は訪れるに値します・・。

・・かな??(;^_^A)

ryusenji (7)

模擬天守内部は宝物館となり、重要文化財の木造地蔵菩薩像や円空仏などを見学できます。
気を付けたいのは日曜・祝祭日のみの開館で、開館時間は午前9時から午後3時です。
拝観料が200円です。平日は見学できません。

ryusenji (11)
「扇の勾配」なのですが、控えめな現代建築の美しさを楽しめます。

ryusenji (10)
模擬天守に隣接する日本庭園もなかなか手入れされていていいですね~。

ryusenji (8)
おお、展望台もありますよ!行ってみましょ。

ryusenji (3)ここからは春日井小牧方面から名古屋を見事に一望できます。

ほぼ真西方面に清州城、南西に名古屋城、北西に小牧山城がしっかり見えます。
眼下には庄内川が流れ、松河戸の渡しも監視できる要所です。
小牧長久手合戦の際、秀吉軍の三河中入り部隊三好本隊はこの地点を渡河しました。

ryusenji (12)
展望台も下から見ると櫓風でしっかりとした構造に見えます。

・・ところで。

自分は学生時代に龍泉寺の夜祭りで警備員のアルバイトをしたことがあります。
その時、お寺の方のご厚意でここから名古屋の街の夜景を見せていただきました。
お寺の方曰く「百万ドルの夜景」だとおっしゃっていましたが、本当に綺麗でしたよ。

さて、龍泉寺城には城郭としての遺構も残っているので見ていきたいと思います。

龍泉寺城は弘治3年(1557)織田信長の実弟:織田信勝によって築かれました。
「織田信行」という表記は最近は改められ、徐々にこちらの名が浸透してきていますね。
信勝は岩倉城主・織田信安と組み、兄・信長と争った際に築城したと伝えられます。

信長の家臣として、協力的一門衆の座に落ち着くことができなかった信勝。
本人の気性か、取り巻く家臣や実母の影響か、兄弟で争いは避けられませんでした。
本拠・末森城から支城を築くこと自体、信長にとって脅威な存在だったことでしょう。

ryusenji (5)北側に残る空堀は「豊公一夜堀」と呼ばれる堀があります。

後年、天正12年(1584)小牧長久手の合戦において羽柴秀吉がこの城に来陣します。
家康は長久手にて羽柴別働隊を壊滅させた後、小幡城に入ります。
救援に駆けつけた秀吉は小幡城の目と鼻の先であるここ龍泉寺に着陣。

長久手での敗報を聞きつけ短期間で堀を掘ったのがこの一夜堀だそうです。
毎回ですが、秀吉の手にかかると、なんでもかんでも「一夜」なんですね・・。
しかし突貫で掘りまくったにも関わらず、眼前の家康は既に小幡城から撤収していました。

常に秀吉の一枚上手をいく家康采配は冴えまくっていますね。

ryusenji (4)
堀の外側には幅2メートル程の土塁がめぐっています。

ryusenji (6)
土塁がめぐる堀底の様子です。

ryusenji (13)
主郭側の法面は急な勾配となっています。

ryusenji (14)
堀底に降りる途中には「豊公旧跡」と彫られた石碑もあります。

ryusenji (15)庄内川南岸の崖上に位置する龍泉寺城。

手前の庄内川には松河戸の渡しがありました。
小牧長久手の戦の折には、三河中入り隊がここから渡河します。
総大将・三好信吉(秀次)らも白山林に向かって渡河移動します。
 
この地点は庄内川が大きく南行から西行にカーブしています。
河川敷は以前は砂石取場になっていた程の浅瀬。
現在でもゴム草履か長靴で横断できてしまうほど浅いです。

龍泉寺城からの眺望は信勝の兄・信長に対する剥き出しの牙を感じました。
また秀吉得意の人海戦術による「一夜堀」も家康との強い決着意欲を伝えます。
両者とも因縁ある相手との駆け引きに城を利用したんだ・・と思い感慨深かったですね。

次回は家康にとって「角」の城、小幡城の記事を予定しております。


駐車場は龍泉寺の広い参拝駐車場をお借りしました。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

ジムニーは天然の風が似合いますね・・。

らんまるさん、こんばんわ。
合いの手が入れられないほどの独走コメントいただきありがとうございました。
一体、幾つのジョウジョウが出てくるのやら、そして結局何が言いたいのやら(笑)

らんまるさん、随分と頭の回転が速いんですねぇ、笑点の見過ぎじゃないですか??木久扇さんレベルじゃん(笑)

座布団3枚でいかがでしょう((´∀`))!?

でもなんで上杉家臣の上條まで出てくるんだ、と細かい事はどうでもいいか・・。

さて、最近は御覧の通り、小牧長久手合戦の経過と城砦のコラボという形で自由研究ばりに取り組んでいます。
きっかけは私、どうしても定説に言われるような三河岡崎方面急襲作戦だなんて嘘だろ、というところからきています。
ちょっと軍事の事がわかる方ならこんな馬鹿げた作戦は立てないからです。
いたずらに戦線を延ばし、なにかあれば別動隊は敵中に孤立無援になります。
秀吉はもっとコンパクトな作戦で最大の効果が得られる王手飛車取作戦を考えていたハズなんです、きっと・・。

それを少しでも検証してみよう、というのがこの夏休みの課題です。
学生気分でやってます!あれこれ考えて面白いです!
でも時間がもうない!!秋の気配が来てしまいました(^_^;)・・。

支離滅裂には支離滅裂でお返しいたします(笑)、ありがとうございました!
もうしばらくこんな感じでいきますね。

怒涛の快進撃に気分はジョウジョウ

こんばんは! 

イマイチ月イチコメンテーターも月9月2コメンテーターとなるくらい中身の濃い記事で大笑いしております・・・笑点か?(笑)

「ホントにジョウジョウジョウなんだ・・・名前のセンスもさることながら、何とかならなかったのか?」とマジで考えます。

「殿、ジョウジョウジョウがわが軍の策がジョウジョウだったので、喧嘩ジョウジョウとか訳わかんない相手の挑発でジョウしましょう、とか思ったのですが、上杉景勝の家臣に上條ジョウジョウ某とか申す者がおりまして、その者の計略を採用したところ、気分ジョウジョウ、首尾ジョウジョウで気分ジョウジョウのミヒマルGTは既に人妻となり申した・・・(笑)」

まあね、24時間の笑点で採用して欲しかった「ジョウジョウジョウ」のお題でした。

数年前に養老温泉に行った帰りに、長久手で鬼武蔵が討取られた場所を見学したのを思い出しました。ありがとうございます。

貴殿のJA共済22もJB(通称:ジェイボーイ)23もエアコンは使う事の無いオプションです(爆笑)

♪ジェイボーイ、守るべき体は限界を超えて~♪

♪ジェイボーイ、打ち砕け、そのエアコンってヤツを!♪

ちなみに、小生は夜はサングラスを掛けない派ですw(なんのこっちゃ・・笑)

※かつて、その歌い手は、夜にグラサンをかけたまま転倒し負傷。翌週の長野のコンサートが中止になりましたとさ。

♪いいな いいな にんげんっていいな・・・♪
プロフィール

 久太郎 (Q-tarou)

Author: 久太郎 (Q-tarou)
ようこそいらっしゃいました。
久太郎と申します。
「城跡が好き」
ただそれでけでブログを立ち上げている城好き若輩者です。
おかげさまで開設以来4年目を迎えることができました。

地元の岐阜県内美濃地方の城址を中心に自分なりの想いを込めてじっくりと巡ってまいります。たまに遠征なんかにも出かけます。

時に「ゆるく」時に「鋭く」五体と五感をフル回転。城址での様々な出会いと独自の感覚を大切にしてつづっていきたいと思います。

また城址付近のダムや棚田、名水といった気持ちを揺さぶられる箇所にも寄り道していきます・・。
趣味のマラソンも自分のペースで好きなように走ってます。

どうかご笑覧くださいませ。

最新登城記事
カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新コメント
検索フォーム
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
リンク
来城者数