FC2ブログ

摂津 尼崎城 🏯再び姿を現した昭和~平成~令和の築城天守

摂津 尼崎城 (兵庫県尼崎市北城内)

幾度となく襲ってくる自然災害と甚大な被害。
いかに抗えない我々といえ、怒りや無念をぶつけることさえできません。
直視するにはあまりにも重すぎて耐え切れない自分もいます。

電気、水道、情報・・、当たり前にあったものが突然途切れてしまう・・。
私たちはそんな事態にどう備え、どんな気持ちで向き合えばいいのでしょう。
想像もできない環境の中で光明を見出すことができるのか、自信がありません。

千葉県南部の方々におかれましては一刻も早い復旧を祈るばかりです・・。

さて、滝山城から始まった西摂津の城めぐり・・。
どのあたりで切り上げようか迷うのですが、やっぱりここは外せません!
平成最後、令和最初、の再建天守・尼崎城に寄ってきました。

amagasaki (1)青雲がお似合い、白亜が眩しい尼崎城天守です。

出来立てほやほや、といった感じの真新しい天守。
高層マンションとの並び姿もここでは逆に絵になっています。
千鳥破風と唐破風の重なり合いがとても美しいと思いませんか?

amagasaki (6)
再建された尼崎城は、天守台部分が1階となる4層5階。

両脇には2階建ての多聞櫓をしたがえています。
外観を意識した装飾的な美しい、安定感のある天守です。
江戸時代となった泰平の世の象徴的な天守建築といえます。

amagasaki (2)
見学しやすいように園内はスロープが備えてあります。

現在の天守が建っている位置や向きは異なります。
しかし、外観は当時の絵図面を元に忠実に再現されています。
天守だけでなく石垣や壁も注目です。

天守は旧ミドリ電化の創業者・安保詮(あぼあきら)氏が「創業地に恩返しを」と発起。
私財12億円を投じて再建し尼崎市に寄付。市民からも2億円近い寄付が集まりました。
尼崎市民と他たくさんの協力の想いで作られた城です。

amagasaki (3)
近くを流れる庄下川は尼崎城の外堀でした。

amagasaki (8)
ちょっと中に入ってみます。入場料は一般・500円ですね。

amagasaki (9)
先ずはエレベーターで最上階へ。平日にしては賑わっていました。

amagasaki (10)
町並みや眼下の曲輪の造りも楽しめます。

amagasaki (11)
これは集め始めると大変なことになりそうです・・。

4階はギャラリーゾーン。尼崎にまつわる展示が行われる予定です。
今回は尼崎出身の城郭画家・荻原一青氏の「名城手拭百城」を展示してあります。
カラフルでカッコいい手拭いがこんなにあるんですね。

自分も今からでも初めてみようかな・・。(←予算考えてない)

amagasaki (12)
3階では無料で試着できる、なりきり体験ゾーンもあります。

当日は自分一人だったのでしませんでしたが、かなりそそられました・・。
家族や友人と来てたら絶対に甲冑なんか着てみたかったですね。
撮影も自由なので次回は記念にチャレンジしたいものです。

amagasaki (13) amagasaki (14)
今回一押しのコーナーはここ!

ゲーム感覚で楽しめる「侍道場」コーナーです。
侍になった気分で無我で斬りまくり、鉄砲を夢中で撃ちまくる。
早打ちもあり、クイズもあります。操作は慣れるまでちょっと大変・・。

これ、できる人はギャラリーから歓声があがりますよ。
自分は「鉄砲体験」をプレイ、結果は「副大将」。
人がいなくなった頃合いをみて始めたのに、いつしか周りは人だかりが・・。

恥ずかしかったけどすごく盛り上がり面白かったですぅ。(なんせ一人旅ですので)

amagasaki (17)
ちょっと周りを散策。櫻井神社に。

尼崎城最後の城主・櫻井忠興公をまつる神社です。
ご祭神は、初代櫻井信定公より十六代忠興公までの十六柱。
境内には築城当初の橋の石杭や礎石、本丸御殿の軒瓦などが残されています。

amagasaki (15)
こちらでは当時の尼崎城の鬼瓦等も見学できます。

amagasaki (18)
二の丸公園では木陰で恒例のコーヒータイムです。

amagasaki (22)
明城小学校一帯が尼崎城の本丸だったそうです。

amagasaki (19)なんと!こちらのグラウンド脇にはもう一つの尼崎城が・・。

学校の壁沿いを歩いていたら校庭にリアルな模型を発見。
なんとかして近くで見たいものだな・・、とウロウロしていました(挙動不審過ぎる)
すると、南正門で職員さんでしょうか?、シルバーのボランティアの方でしょうか?

「さ、中に入ってご覧になってください」と気さくに声をかけてくださいました。
平日の授業中にも関わらずとても親切に見学させていただき感謝いたします。
ご説明では、なんでも昭和初期に当時の職員と児童とで作った尼崎城だそうです。

amagasaki (4)
堀や櫓も再現した縄張りが再現されています。

細部にわたって忠実に再現され、クオリティ高!
地元のお城に対する誇りや憧れ、熱意がビンビン伝わってきました。
ガリバー気分で楽しめ、ついつい何周もして見入ってしまいましたね。

※校内なので訪れる際には、マナーを守って拝観しましょう。
(自分は幸運で見学許可をいただきましたがいつも見学できるかどうかはわかりません)


amagasaki (20)小学校の前の道沿いには力強い書体の石碑もあります。

石碑を立てるがためにわざわざ窪地を設けて立ててあるのです。
こういう扱い一つにもかつての城趾を慕う想いを感じます。
説明板の位置も小学生の目線に合わせて設置されています。

amagasaki (21)尼崎城の絵図が描かれた案内板。

現在の天守は元和3年(1617)戸田氏鉄(うじかね)が5万石で入封し築いた姿。
本丸には2重の付櫓を2棟付属させた複合式四重天守と3棟の三重櫓が上げられました。
城は一国一城令が推し進められる中でも、大阪城の西の守りとして重要視されました。

amagasaki (5)尼崎市民の想いがカタチとなった天守、大切にしていきたいですね。


レ点は再建天守のある尼崎城址公園です。公園内には有料駐車場があります。
Ⓢには尼崎城石碑と説明版があります。

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

しんこうさんへ

しんこうさん、こんばんわ!
お恥ずかしい記事にコメントを頂きありがとうございました。

私が訪れた時はいいお天気で暑かったのですが空気がカラリとしてて気持ちが良かったです。尼崎城、なかなかよかったです。やっぱり天守っていいですよね。地元の方が羨ましいです。
私は犬山城が近いのですがそれでも車で30分くらいはかかります。

本当は摂津の城めぐり、滝山城だけにしようかと思っていたのですが、兵庫城、花隈城と書いてしまってドンドン締めどころがわからなくなってしまいました(笑)。
もう小牧長久手はどこへやら(笑)!

それから学校内というところはムズカシイですね。
今回はホントにラッキーでして、職員さんに声をかけていただきました。
(私、結構この手の間合いは幸運に恵まれます、その分どこかで運に見捨てられているのでしょうが・・)

そういえば新城城、私もいきましたよ!確か休日の朝だったかな??
私は豊川沿いの谷筋から這い上がって土塁に辿り着いた不審見学者でしたね、もう時効かな?許してください!
無事なんとか這い上がり土塁の上の石碑をカメラでパシャリとしたときは鬨の声をあげたものです・・。←捕まるよ・・。

若い頃は結構無茶をしてしまい反省することしきりです。
あぁ、1城でいい、いつかしんこうさんと城攻め、したいものですね~。
私の夢なんですよ。

ねんさいさんへ

ねんさいさん、こんばんわ!

いつもありがとうございます、尼崎城は平日にも関わらず団体客さんで賑わっていました。しかしながら残念だったのは中の係員さんたちの城に関する知識が薄かったことです。こちらからの質問に対して、全くといっていいほどの無知ぶりには呆れてしまいました。そんな難しいこを聞いたつもりはないのですが・・。
なんとか調べようと他の係り員に聞くなどする態度はまだしも「知らないです」で済まそうとした方には本当に残念に思いました。
ちょっとなんなの?て感じで・・。勉強不足ですね。

荻原画伯は尼崎出身とのことですが多くの作品は熱海に集められているようですね。彼が生涯をかけて描いた作品は本当に素晴らしくずっと一枚の絵を眺めていられる、そんな作品ばかりです。

後に大垣城に入った戸田氏鉄はそういう点では美濃ととてもゆかりのある人物です。池田恒興にせよ私の地元とも縁がある今回の旅はとても充実したものでした。

No title

久太郎さん

こんばんは、しんこうです!
尼崎城、できる前の早い段階から話題になっていましたね。写真はちらほらメディアに登場していましたが、その雄姿をしっかり拝見させて頂きました。
二枚目の写真は空の青、手前の緑に、白亜の天守が輝いています。

学校にある尼崎城もなかなかの出来栄えです。昭和の初期作とは思えない、手入れの良さ、戦時中も乗り越えてきたのでしょうかね、貴重と思います。
学校はなかなか入れないですよねぇ。
愛知県の新城城も学校の中にあって、土塁がどうしても見たくて、僕もウロウロしましたが、誰も声をかけてもらえず(汗)仕方なく職員室にお願いしにいった記憶を思いだしました。しかも、パンフレットまでいただいて、感謝感激でした(T_T)

それにしても天守のある街にお住まいの方はうらやましいですねぇ、街のシンボルですもんね。

紹介頂きありがとうございましたm(_ _)m


No title

 尼崎城は大正の頃までは石垣が残っていたので、その後完全に撤去されて遺構は全くなく、図書館の模擬石垣と土塀だけが城跡だった名残でした。賛否両論の尼崎城天守ですが、そこそろ人が入っているみたいですね。
 伝説の城郭画家荻原画伯のコーナーもあるんですね。荻原画伯の主だった城郭画は熱海城にあります。100枚以上の城郭画は見事ですね。
戸田氏鉄は尼崎城の後に大垣城に入りました。尼崎城も大垣城も四層の天守があり、普通なら四は縁起が悪いと思うでしょうが、氏鉄は全く気にしなかったみたいです。
プロフィール

 久太郎 (Q-tarou)

Author: 久太郎 (Q-tarou)
ようこそいらっしゃいました。
   久太郎と申します。
   「城跡が好き」
ただそれでけでブログを立ち上げている城好き若輩者です。
皆様のおかげで開設以来5年目を迎えることができました。
(2016年4月6日開設)

地元の岐阜県内美濃地方の城址を中心に自分なりの想いを込めてじっくりと巡ってまいります。たまに遠征なんかにも出かけます。

時に「ゆるく」時に「鋭く」五体と五感をフル回転。城址での様々な出会いと独自の感覚を大切にしてつづっていきたいと思います。

また城址付近のダムや棚田、名水といった気持ちを揺さぶられる箇所にも寄り道していきます・・。
趣味のマラソンも自分のペースを大切にして走ってます。

どうかご笑覧くださいませ。

最新登城記事
カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新コメント
検索フォーム
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
リンク
来城者数