FC2ブログ

尾張 長久手城 🏯丹羽氏重と運命を共にした忠景

尾張 長久手城 (愛知県長久手市長湫城屋敷) <市指定史跡>

「風の中のすばる 砂の中の銀河 みんな何処へ行った 見送られることもなく」。
中島みゆきさんの『地上の星』が胸にしみる初秋になりました。
城跡や古戦場を訪れると、名もなき戦士たちの働きに想いをよせることがありますね。

長久手合戦尾の折、岩崎城にて奮戦の末、討ち死にを遂げた200余名の城兵たち。
その中には丹羽氏重ら丹羽一族の他に近隣の城主クラスたちもいました。
長久手城城主の加藤太郎右衛門忠景もその中の一人です。

nagakute (1)
徳川方の丹羽氏についた加藤太郎右衛門忠景の館城趾です。

nagakute (2)岩崎城主・丹羽氏次とは婚姻を結んでおり義兄弟の間柄でした。

nagakute (3)
観音堂脇に加藤氏ご子孫の尾張藩士が立てた石碑があります。

nagakute (4)土台の巨石も美しい立派な石碑板です。

表面があまりにもピカピカに磨かれています。
・・なので、撮影する自分の姿が映り込まないようにするのが大変でした(;^ω^)。
このような石碑は裏面にも説明書きが彫られているのが定番ですね。

nagakute (5)
加藤太郎右衛門忠景の宅址の石碑もあります。

nagakute (6)
周囲より一段高くなっている様子です。

幅3~6メートル、深さ最大で約7メートルの堀を挟み東と西に曲輪がありました。
2つの曲輪を中心とした連郭式の城郭であったことがわかっています。
周囲を歩くと台地上尾根のピークにあったことが理解できます。

とはいっても周囲は土地改変が著しく、すっかり住宅地となっています。
全く消滅してしまった城址ですが、周囲には合戦にまつわる史跡が多いです。
それらも少し紹介してみたいと思います。

鎧掛けの松

長久手城の近くにはかつて池があったそうです。
この池で刀や槍先を洗った際に小休止をとりました。
その際、兵士らがここに鎧をかけたとされる松があったそうです。

nagakuteti (1)
ちゃんと石碑と説明版も立っていました。

nagakuteti (2)

血の池公園

家康方の武将、渡辺半蔵守綱らは合戦の折、この池で槍先や刀剣を洗ったそうです。
このことから池の名はいつしか「血の池」と呼ばれるようになりました。
ネーミングからして生々しいのですが、意外や明るい雰囲気のきれいな公園でした。

nagakuteti (5)
「ちょっと血の池公園で遊んでくるわ!」・・と近所の住民には親しまれているのでしょう。

nagakuteti (4)
毎年合戦のあった時期になると、池の色が赤く血の色に染まったそうです。

・・怖わ!(゚△゚;ノ)ノ

nagakuteti (3)
かつて池があったような窪地に公園があります。全然怖くない公園でした(;^ω^)。

nagakute (10) nagakute (7)
今回、徒歩による散策にあたって利用した「せせらぎの径」。

歩行者専用の遊歩道で、脇に水流が流れ、とても気持ちが良かったです。
所々に休憩できるスポットもあり、まったりしながら歩くのもオツなものです。
自分はここ「走りたいな~」なんて思ってしまいました。

nagakute (9)
散策にもってこいの「せせらぎの径」、おススメです!

長久手一帯の城主たちが巻き込まれた長久手合戦。
今回取り上げたのは長久手城主・加藤太郎右衛門忠景でした。
次回はいま一人の岩作城主・今井氏の城址を訪ねます。


レ点は長久手城城址石碑のある長久手観音堂です。
Ⓢは鎧掛け松の位置を、Ⓖは血の池公園の位置を示します。
自分は古戦場公園駐車場からせせらぎの径を通って徒歩散策しました。

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

しんこうさん、こんにちは!
コメント頂きありがとうございます!

世間は三連休ですが自営業(なんです!)の私は土曜日と月曜日を休みとしました。台風も最接近してますしね。
今回の台風も規模と言い進路といい、前回の被害をもたらした台風とほぼ同じなので被害が心配です。ただ、災害に対する対応能力は皆さん学んだようなので被害が最小限になることを祈っています。

それからご心配をいただきありがとうございます、岐阜県の美濃地方は今のところ大丈夫です。昨夜も三男が率先して家の周囲の雨戸や設置物をチェックしてくれて、ホントに助かりました。頼りになるな~て感心しました。僕は案外のんびりしてて楽天的なのでダメなんです(笑)。

さて、しんこうさんの後の長久手城訪問記でしたが、懐かしく思いこしていただけたのなら幸いです。なんだかんだ言っても周囲は全くの造成地、城址案内があってもここに館城があったなんて信じられませんでした。想像力を働かせるばかりです。

私がせせらぎの径を通った時、直前のキャイ~ンのウドちゃんがロケリポートしてて挨拶できた、という一幕もありました!

月曜日は高校2年の三男のバスケの試合を送迎がてら妻と応援観戦しに行く予定です。ついでに付近の城址へ行こうかと思っておりますが、許可が下りるかどうかは不明です(笑)。

しんこうさんもよき連休をお楽しみください!ではまた!

No title

久太郎さん

こんにちは!
巷では今日から三連休、幸い僕の会社も三連休ですが、久太郎さんもゆっくりできそうでしょうか?ただ、関東を中心に超大型台風接近中のようで、先日被災された千葉県の方々を含めて、それどころでは無いとは思います。被害が無いことを祈るばかりですが、、、
台風の影響かどうかわかりませんが、昨晩から長崎でも風が強くて、台風に近い方々がより心配です。岐阜県は大丈夫でしょうか?

長久手周辺の史跡、懐かしく拝見させて頂きました。長久手城も隅々までは観察しておらず、この城の立地や高低差などは、当時あんまり頭になかったようで、この付近は台地上の尾根付近なのですね。
同じ城でも、皆さんの違う観点での見方は、面白いし、興味深いし、勉強になります。

せせらぎの径のあたりも、住宅地だと思いますが、こんな施設が近くにあると、なんだか穏やかな気分にさせてくれます。緑もあってうらやましいです。

せっかくの三連休なので、1日ぐらいは、おでかけしようと考えています。

では(^_^)/
プロフィール

 久太郎 (Q-tarou)

Author: 久太郎 (Q-tarou)
ようこそいらっしゃいました。
   久太郎と申します。
   「城跡が好き」
ただそれでけでブログを立ち上げている城好き若輩者です。
皆様のおかげで開設以来5年目を迎えることができました。
(2016年4月6日開設)

地元の岐阜県内美濃地方の城址を中心に自分なりの想いを込めてじっくりと巡ってまいります。たまに遠征なんかにも出かけます。

時に「ゆるく」時に「鋭く」五体と五感をフル回転。城址での様々な出会いと独自の感覚を大切にしてつづっていきたいと思います。

また城址付近のダムや棚田、名水といった気持ちを揺さぶられる箇所にも寄り道していきます・・。
趣味のマラソンも自分のペースを大切にして走ってます。

どうかご笑覧くださいませ。

最新登城記事
カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新コメント
検索フォーム
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
リンク
来城者数