FC2ブログ

尾張 岩作城 🏯岩崎城攻防戦に散った、郷士今井氏の城

尾張 岩作城 (愛知県長久手市岩作城の内)

檜の露天風呂温泉にゆっくり浸かりたいな・・、などと思う秋になりました。
しかしながらお父さんのお小遣いでは入浴剤でも贅沢といったところです。
真っ暗にした浴室に炭酸入浴剤を投入、虫の音を聴きながら目を閉じれば・・。

もうそこは温泉です。(お疲れなんです)

・・とまぁ、人生とはちょっとした変態行動で結構満喫できるものですね。
城めぐりとマラソン大会の予算を捻出するためには日々の努力は惜しみません!
それどころか逆にそれを愉しめる術を知った昨今の久太郎でございます。

さて、長久手合戦尾の折、岩崎城にて奮戦の末、討ち死にを遂げた200余名の城兵たち。
その中には丹羽氏重ら丹羽一族の他に近隣の城主クラスたちもいました。
前回は長久手城城主の加藤太郎右衛門忠景でしたが、今回は岩作城主の今井氏です。

yazakoj (2)
岩作城は長久手市市役所付近一帯にありました。

長久手の戦いで城主・今井四郎兵衛(伝えに或いは今井五郎太夫)は徳川方に加わります。
長久手城主の加藤氏らと共に岩崎城の攻防戦に駆けつけ参軍。
羽柴方武将・池田恒興の攻城に立ち向かい丹羽氏重らと共に討ち死にを遂げました。

yazakoj (6)市役所の交差点付近にある石碑。

とてもどっしりとした存在感ある石碑です。
以前は交差点南西に城の南面にあたる土塁が20メートルほど残存していたようです。
が、それも消滅してしまいました。

昭和60年・平成10年の発掘調査では城館に伴う堀・土塁・虎口の存在が判明しました。
また、当時の武家に珍重された茶道具の天目茶碗なども多く出土しました。
城主の今井氏は深い文化人であったことも想像されますね。

ここ岩作城は当時の長久手中心部に位置し、家康の陣した色金山の麓にあたります。
長久手の戦い決戦地や白山林、檜ヶ根にも近く、戦火に巻き込まれた可能性はあります。
付近には戦死者を弔った「首塚」もあります。

首塚 (長久手市岩作元門) 《国指定史跡》

岩作村安昌寺の雲山和尚が合戦による戦死者を集めて築いた塚です。
両軍の戦死者の数はおびただしく、惨状は目を覆うものだったそうです。
戦いに勝った徳川勢にもかなりの戦死者があったものと見られます。

yazakotuka (1)毎年、合戦の日には香華が手向けられています。

yazakotuka (3)長久手合戦において敵味方隔てなく弔った塚に瞑目・合掌。

盛夏にも関わらず、新しい献花が捧げられていました。
地元の方たちによりとても大切に供養されています。
自分もこの合戦記事を取り上げる者として両手を合わせ深く合掌いたしました。


レ点は岩作城の城址石碑を示します。
Ⓖは首塚の位置を示します。
首塚は周辺の道幅が狭いので市役所に駐車して徒歩で移動したほうがいいと思います。

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

 久太郎 (Q-tarou)

Author: 久太郎 (Q-tarou)
ようこそいらっしゃいました。
   久太郎と申します。
   「城跡が好き」
ただそれでけでブログを立ち上げている城好き若輩者です。
皆様のおかげで開設以来5年目を迎えることができました。
(2016年4月6日開設)

地元の岐阜県内美濃地方の城址を中心に自分なりの想いを込めてじっくりと巡ってまいります。たまに遠征なんかにも出かけます。

時に「ゆるく」時に「鋭く」五体と五感をフル回転。城址での様々な出会いと独自の感覚を大切にしてつづっていきたいと思います。

また城址付近のダムや棚田、名水といった気持ちを揺さぶられる箇所にも寄り道していきます・・。
趣味のマラソンも自分のペースを大切にして走ってます。

どうかご笑覧くださいませ。

最新登城記事
カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新コメント
検索フォーム
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
リンク
来城者数