FC2ブログ

小牧長久手の戦い 仏ヶ根の戦い古戦場めぐり

小牧長久手合戦古戦場めぐり 
《その⑥ 仏ヶ根の戦い古戦場めぐり編》
🎐久太郎 夏の自由研究🍉

・・さて・・、いよいよ長久手合戦もこの回に差し掛かりました。
夏の自由研究もすっかり秋になってしまいましたが・・。
でも今日はツクツクボウシの鳴き声を聞きました!(気のせいかも)

htokegane (15)
長久手古戦場公園に向かいます。

交差点にある立体的な合戦図屏風のようなオブジェ?は見応えあり!
ただし、ここで写真を撮っていると信号待ちの車から丸見え。
あらゆる視線を跳ね返し、大手を振って公園へと入っていくのです。

htokegane (9)
古戦場公園の入口です。

htokegane (1)まさに激戦が繰り広げられた戦場中心地に立つ石碑です。

htokegane (16)
車でのお越しは郷土資料室のある入口が便利です。(駐車料金・入場料無料)

古戦場めぐりはここを起点にすると便利だと思います。
岩作方面の史跡(色金山等)はやや距離があるので場所移動したほうがいいでしょう。
檜ヶ根や御旗山は・・ここから頑張って歩いてみましょう!

天正12年(1548)4月9日 午前7時

岩崎城を占領した池田恒興・森長可に三好軍敗走・徳川勢出現の報が伝わります。
苦境を援護せんと両将は岩崎城から北に引き返します。
そのころ、家康は富士ヶ根より南下、前山に陣を構えていました。

前山は羽柴軍の退路にあたり、かつ高台の有利な地形です。
東の仏ヶ根には井伊直政勢と織田信雄勢らが展開。
周辺の有利な地形を織田徳川軍で先に押さえた布陣です。

古戦場公園内には主戦場が「縮景」という手法で表現してあります。

htokegane (11)
なんとなくイメージが伝わるフィールドの様子。

一方、引き返して家康勢に対陣した恒興・長可勢。
右翼に恒興の嫡男・池田元助(之助)勢と次男・池田輝政勢。
左翼に森勢、後方に恒興勢が布陣します。

すでに友軍である三好・堀隊は戦場を離脱。
有利な地形は徳川軍に先取りされていました。
それでも池田・森隊は家康との決戦を決意するのです。

天正12年(1548)4月9日 午前10時

戦端が開かれ両軍が激突。戦況は一進一退の攻防が続きます。
そんな中、森長可は家康本陣の前山に向かって正面攻撃を敢行します。
鬼武蔵、一時は徳川勢の前線を押し崩しながらの猛攻でした。

・・が。その猛突の最中。
一発の銃弾が長可の眉間に命中、
狙撃されて絶命しました。享年27歳でした。

武蔵塚 《国指定史跡》

htokegane (12)
森長可の戦死地は武蔵塚と呼ばれます。

htokegane (13)戦に明け暮れた武人・長可の最期は彼らしい大音声の突撃最中でした。

htokegane (14)
長可らが駆け上がった前山戦場付近。

徳川方の井伊勢との攻防戦を繰り広げていた池田勢。
結束力に不安のある新参美濃衆をよく取りまとめ、応戦していました。
恒興の老練な采配は若き将・井伊直政を押し退かせるほどでした。

しかし長可が討たれ、池田勢に向かって敗走する森勢に雪崩れ込まれます。
事態は一変、これをもって池田勢も大混乱に陥りました。
恒興は自勢の立て直しを図ろうとしますが、敗走兵は続出、戦闘不能となります。

勝入塚 《国指定史跡》

htokegane (2)
池田恒興の戦死の地と伝わる勝入塚です。

htokegane (3)信長とは乳兄弟の恒興、信長と同じく享年49歳でした。

一説に恒興は姉川の戦いでの古傷が原因で乗馬が困難だったようです。
自軍が崩れる中、旗本50余騎と戦場に踏みとどまり最期を迎えます。
徳川方の永井直勝の槍を受けて見事に散りました。

庄九郎塚 《国指定史跡》

htokegane (6)
恒興の長男・庄九郎元助の戦死と伝わる庄九郎塚です。

htokegane (5)父を案じて駆けつけた庄九郎も討たれました。享年26歳と伝わります。

激戦の中、流れ弾による手傷を負っていた元助は後方に回って指揮していました。
父の本陣が崩れゆくのを確認すると、これを助けんと駆けつけようとします。
しかし、その途中、徳川方の安藤直次に討ち取られました。

恒興の次男・池田輝政も父・兄の安否を案じながら戦っていました。
家臣に父・兄は既に戦場を離脱したと説得され、戦場を離脱しました。
そして池田・森勢は潰滅、合戦は徳川軍の勝利に終わりました。

htokegane (4)
仏ヶ根戦場付近。窪地と丘がおりなす起伏ある戦場跡が体感できます。

実はこの日秀吉は陽動として小牧山へ威力攻撃をしかけていました。
酒井忠次・石川数正ら三河衆の反撃を受け兵を引きました。
まさか家康と信雄が長久手まで押し出していたとは知る由もありませんでした。

午後に入って白山林の戦いの敗報が届き、秀吉は自ら救援に向かいます。
戦場近くの竜泉寺城に向けて急行しました。
しかし、すでに織田・徳川勢は小幡城に撤収していたあとでした。

秀吉は家康、小幡城にあり」との報を受け翌朝の決戦を決めます。
「龍泉寺城の一夜堀」とはこの時の突貫普請の跡だと伝わります。・・が、またしても・・。
家康と信雄は夜間に小幡城を出て小牧山に帰還、秀吉も空しく楽田に撤退しました。


レ点は古戦場公園を示します。
まず資料室(館)で文化財マップを受け取り時間や体力にあわせて見学ルートを確認すると良いと思います。
周辺には古戦場の他にも様々な史跡もあります。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

 久太郎 (Q-tarou)

Author: 久太郎 (Q-tarou)
ようこそいらっしゃいました。
   久太郎と申します。
   「城跡が好き」
ただそれでけでブログを立ち上げている城好き若輩者です。
皆様のおかげで開設以来5年目を迎えることができました。
(2016年4月6日開設)

地元の岐阜県内美濃地方の城址を中心に自分なりの想いを込めてじっくりと巡ってまいります。たまに遠征なんかにも出かけます。

時に「ゆるく」時に「鋭く」五体と五感をフル回転。城址での様々な出会いと独自の感覚を大切にしてつづっていきたいと思います。

また城址付近のダムや棚田、名水といった気持ちを揺さぶられる箇所にも寄り道していきます・・。
趣味のマラソンも自分のペースを大切にして走ってます。

どうかご笑覧くださいませ。

最新登城記事
カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新コメント
検索フォーム
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
リンク
来城者数