FC2ブログ

美濃 法師丸砦 🏯小さくてもしっかり「砦」してます

美濃 法師丸砦 (岐阜県郡上市和良町法師丸)

車の運転中における「ながら運転」を厳罰化した改正道交法が施行されました。
運転中のスマホ使用やカーナビ注視など違反点数、罰則、反則金は約3倍に!(゚△゚;ノ)ノ
事故を起こすと一発免停になる可能性ありです。

・・正直申します。自分も心当たりはあるのです。
皆さんもくれぐれも法令遵守の意識をもちましょう。
・・と、ここまで厳罰化しないといけなくなった、という今の世の中なのです。

自分:「もう絶対携帯ながら運転はあかんね」
奥方:「・・その前にね、城のそばを通る時の城見ながら運転、あれもなんとかしたら・・」
自分:「ムムム・・(思い当たり過ぎて)お返しする言葉もございません・・」

城の近くでは運転しながら相当キョロキョロ、ソワソワしてるんでしょうね・・。
自覚症状はありますので言わせていただこう。
改善努力します!(これだけは自信ないな・・)

さてそんな奥方とのやりとりを脳裏に焼き付けつつ向かう山城紀行。
今回も引き続き郡上市和良地区の城砦を訪ねます。
訪れたのは法師丸砦(ほしまるとりで)です。

hosimaru (12)法師丸集落に突き出た尾根に構えられた砦です。

それほどシンボリックでない山容ですので位置がわかりませんでした。
麓でトラクターを操作していた方にお尋ねしたところご親切に教えていただきました。
わからないときは地元の方にお聴きするのが一番ですね。

hosimaru (11)
井谷洞川沿いの林道脇から谷沿いに登ってみました。

hosimaru (8)なんと途中の森の中に城址碑を発見できて狂喜乱舞ですo(≧ω≦)o。

hosimaru (6)
程なく登ると「ザッツ・堀切」に遭遇、再びの狂喜乱舞。

hosimaru (3)自然谷に沿った単純だが鋭い堀切が一条。

堀切は主郭から見て内側にハノ字型展開しています。(下に図面掲載しました)
際立った遺構はこの堀切のみですが実に原風景を残しており味があります。
西側へ竪堀となって自然谷と融合していく様が心くすぐられました。

hosimaru (5)
単郭ながらよく整地されており砦としての役割を感じさせます。

砦にはその広さからおそらく数名の見張り城番が務めていたものと思われます。
イチョウ葉の形をした小さな単郭砦です。
東側には登城口を押さえる小郭並びに虎口の形跡が見て取れます。

hosimaru (7)
小さいながら周囲は絶壁に囲まれた要害の地です。

法師丸砦の築城者や在地領主など詳しい伝えは不明です。
唯、関ケ原合戦に合わせた「八幡城合戦」にて遠藤慶隆が野尻城・法師丸砦で野営した、
という記録があります。

砦はその時急造されたものではなく、それ以前からあったようです。
尾根伝いに続く道の存在や削平された郭内の作事具合がそれを物語っています。
砦名の由来はひょっとしたら元来「法師丸」と呼ばれていたのかもしれませんね。

次回記事に予定している「横井城」とも関係をもった砦なのかもしれません。

hosimaruz.jpg
小さくてもしっかりとした「ザッツ・砦」、法師丸砦でした。


㋹が法師丸砦の主郭遺構です。東側麓のⓈあたりの斜面に城址碑が立っています。
城址碑のある谷から登ると登りやすいです。

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

 久太郎 (Q-tarou)

Author: 久太郎 (Q-tarou)
ようこそいらっしゃいました。
   久太郎と申します。
   「城跡が好き」
ただそれでけでブログを立ち上げている城好き若輩者です。
皆様のおかげで開設以来5年目を迎えることができました。
(2016年4月6日開設)

地元の岐阜県内美濃地方の城址を中心に自分なりの想いを込めてじっくりと巡ってまいります。たまに遠征なんかにも出かけます。

時に「ゆるく」時に「鋭く」五体と五感をフル回転。城址での様々な出会いと独自の感覚を大切にしてつづっていきたいと思います。

また城址付近のダムや棚田、名水といった気持ちを揺さぶられる箇所にも寄り道していきます・・。
趣味のマラソンも自分のペースを大切にして走ってます。

どうかご笑覧くださいませ。

最新登城記事
カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新コメント
検索フォーム
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
リンク
来城者数