FC2ブログ

美濃 一日市場館(神戸城) 🏯美濃源氏土岐氏発祥の地と伝わる

美濃 一日市場館(神戸城) (岐阜県瑞浪市土岐町・八幡神社)

やっぱり大河ドラマの影響というのは凄いですね。
美濃の土岐明智氏関連の史跡は盛り上がりを隠せません。
どの史跡へ行っても依然よりボリュームアップしています。

やたら綺麗になった駐車場にお店かと思うくらいの幟が立ち・・。
やたら丁寧な案内板にグッズ、お土産、記念カード、スタンプ、等々。
地元に住む自分でさえコンプリートするのに一苦労です。

それだけ期待が寄せられている今回の大河ドラマってことでしょうね。

さてその「明智光秀のルーツを辿る」という話になると・・。
必然、土岐氏との繋がりに結び付きます。
諸説ある中でも光秀が土岐氏の出であることはほぼ間違いないようです。

たまに隙間時間を見つけて土岐氏の居館について調べたりするのもいいかと思います。

mootomiy (7)
今回は一日市場館をぶらりと散策してみました。

mootomiy (8)
現在の八幡神社一帯の高台が館址とされています。

mootomiy (1)石碑と説明版の組み合わせ位置がドンピシャです。

一日市場館(ひといちばやかた)は土岐氏によって築かれたと伝わります。
美濃における土岐氏土着の第一歩の地とされています。
・・誰でしょう?「ついたちいちば」、とか言ってる人は?何を隠そう・・自分でした(-_-;)。

mootomiy (2)土岐三郎光衡公と明智光秀公の胸像がセットでおみえです。

源頼光の後裔が美濃に下向して土岐氏の祖となります。
光衡は建仁年間(1201~1204)にこの地に土着し土岐氏の祖として有力です。
一日市場館は土岐川と小里川の合流地点に北にあり高台地に築かれました。

mootomiy (5)
ある戦で桔梗の花を兜に挿したところ大勝利!

水色桔梗紋」は以来土岐一族の家紋として定まります。
そして土岐一族は美濃において最大の武士団勢力となっていきます。
この光衡公の像、そんな土岐氏発祥の地に相応しいのではないかと。

mootomiy (3)
そしてこちらが光秀公。優し気な眼差しの中に苦悩の表情が見られます。

mootomiy (6)

mootomiy (4)八幡神社境内の北側には土塁とみられる土盛が東西に延びています。

mootomiy (9) mootomiy (10)
土塁にしては盛土が低くいため或いは神社創設の際の仕切りかもしれません。

美濃国守護となり土岐氏当主の館は段階的に西へ西へと移動していきます。
やがて美濃の中央部に進出していくことになるのです。
土岐氏始まりの地、そこから派生した幾つかの分家筋。

そこから産み落とされた明智十兵衛光秀という人物。
今回の大河ドラマ主人公・光秀は如何に生き何を信じて何処に向かおうとするのでしょう。
十兵衛光秀役長谷川博己さんがどんな一面をみせてくれるのかがとても楽しみです。


スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

 久太郎 (Q-tarou)

Author: 久太郎 (Q-tarou)
ようこそいらっしゃいました。
   久太郎と申します。
   「城跡が好き」
ただそれでけでブログを立ち上げている城好き若輩者です。
皆様のおかげで開設以来5年目を迎えることができました。
(2016年4月6日開設)

地元の岐阜県内美濃地方の城址を中心に自分なりの想いを込めてじっくりと巡ってまいります。たまに遠征なんかにも出かけます。

時に「ゆるく」時に「鋭く」五体と五感をフル回転。城址での様々な出会いと独自の感覚を大切にしてつづっていきたいと思います。

また城址付近のダムや棚田、名水といった気持ちを揺さぶられる箇所にも寄り道していきます・・。
趣味のマラソンも自分のペースを大切にして走ってます。

どうかご笑覧くださいませ。

最新登城記事
カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新コメント
検索フォーム
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
リンク
来城者数