FC2ブログ

越前 杣山城 🏯崖山上に敷かれた難攻の山城

越前 杣山城 (福井県南条郡南越前町阿久和周辺・杣山) <国指定文化財>

いよいよ南越前の最要衝、杣山城(そまやまじょう)に到着。
集落の様子がどことなく一乗谷の城下町の雰囲気に似ています。
とりあえず二の城戸付近を散策します。

IMG_9511.jpg二の城戸にある杣山城城址碑。国指定文化財らしい趣を感じます。

杣山城は戦国時代より前、南北朝時代の南朝方の拠点として新田義貞らが籠城したことで有名です。
戦国期には朝倉氏の持城として家臣河合安芸守宗清を城主としました。
天正元年(1573年)刀根坂の合戦で河合安芸守は討死にしてしまいます。
天正2年(1574年)一向一揆勢が織田勢と戦った時は一向一揆衆が杣山城に籠りますが織田勢に敗れ廃城に。

ここで河合安芸守について・・
戦国SLGなどに朝倉氏傘下武将としてたびたび登場する河合安芸守吉統(かわい よしむね)
おそらく同一人物か近い縁者かと思われます。
内政手腕に優れ、当初は朝倉義景の奏者として活動、天文19年(1550年)には奉行衆に任命され、元亀元年(1570年)から天正元年(1573年)頃まで、朝倉家家臣団最高位にあり、「一乗谷奉行人」と称され行政全般に関与しました。
また武将として弘治元年(1566年)には 大野郡や加賀への出陣記録が残り、元亀元年(1570年)の姉川の戦いにも2000余騎を率いて先鋒として参陣しています。
以後も度々出陣記録が残り、天正元年(1573年)織田軍との刀禰坂の戦いで戦死するまで朝倉家の重鎮だったようです。

凡庸な朝倉義景の見た目のため家臣まで地味になってしまいがちですが、真柄直隆河合吉統などの
バリバリの勇将・智将がいたことをもっと知って欲しいと思います。

IMG_9509.jpg 城戸の堀にはハスの葉が寄り添い合ってます。

杣山周辺にはハスの花や葉が所々にみられ、幾分涼し気に感じるのです。

さて、山腹までの林道と駐車場があるとの前情報でしたが・・。
ま、まさかの通行止め!(こ、これは・・やばい・・)。
さすがに麓からの登城は危機的。

・・それにしても、山頂がはるか遠くに感じます。
・・この猛暑真っ盛りの午後にホントに登り切れるか?
・・登った以上、下山しなきゃならんぞ!

IMG_9533.jpg視線を山頂にロックオンしながらも正直・・登城を躊躇してしまいそうになる|ω・`)。

「なんのためにここまで支城を落としながら来たのか!」、という心の中の武断派意見。
対して・・。
「明日はマラソン大会ですぞ!体を休ませるためにはここは撤退を!」、という心の中の文理派意見。
「各々の意見、もっとも」、といいながら思案にふけります(この時点で少し頭もやられているようです)。

IMG_9502.jpg 案内版でも尻込みモンのコースばかり。

すると・・目の前に・・つがいのサギが舞い降りるではありませんか。
「これぞ、吉相!」
よって全軍(全体力)をもって総攻撃の決定と相成りました。

IMG_9504.jpg

IMG_9516.jpg
今回の攻城口は居館址から。この敷地もとても広く真正面に本丸を見上げます。

登山道は思っていた以上に険しかったです。
特に崖を回り込んでの荒道はとても難所できつかった。
高い湿度と目の前をブンブン飛び回る虫との闘いも。まさに「蒸し虫(ムシムシ)攻撃」です。

IMG_9517.jpg 遺構が目に入ってきました。櫓台址かな?

IMG_9519.jpg IMG_9520.jpg
大きな土橋と堀切が現れました。土橋はスロープ状になっており高低差があって登りにくくなっています。

IMG_9526.jpg IMG_9523.jpg
なんとか主郭のある頂上に到着!1時間近くかかりましたね。・・ん?、どれが、なんの石碑だ?

IMG_9525.jpg杣山城頂上碑です。杣山合戦についての様子が綴ってあります。
読みながら休憩(´ω`人)。


生い茂る木々で周囲の見晴らしはそこそこですが、360度のパノラマが広がっていたことでしょう。
蒼い山々に包まれているのが体感できて登ってきた喜びがあります。
以前、弟と一乗谷山城にへたれながら登り切ったのを思い出します。

IMG_9527.jpg 腰郭から見上げる本丸段。

IMG_9518.jpg IMG_9528.jpg
主郭周辺には城にまつわるスポットも多い。想いをよせての探索は暑さを忘れるほど楽しい。

しかし、体は正直。帰り道の降り道は足がガクガク。
再び待ち構えていたように「蒸し・虫(ムシムシ)攻撃」にさらされます。
払いのけながら麓までおりると愛車のそばに宝石のごとしカミキリムシが!

IMG_1854.jpgわぁ、きれいなルリボシカミキリ、初採集!興奮して手が震えます。
子供のころからの憧れだったんです(((o(*゚▽゚*)o)))


今でも変わりない子供なんですが・・。これはうれしかった!
ありがとう、杣山城!楽しかったぜ、杣山城!!
いずれまた来ようぞ!

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

 久太郎 (Q-tarou)

Author: 久太郎 (Q-tarou)
ようこそいらっしゃいました。
久太郎と申します。
「城跡が好き」
ただそれでけでブログを立ち上げている城好き若輩者です。
おかげさまで開設以来4年目を迎えることができました。

地元の岐阜県内美濃地方の城址を中心に自分なりの想いを込めてじっくりと巡ってまいります。たまに遠征なんかにも出かけます。

時に「ゆるく」時に「鋭く」五体と五感をフル回転。城址での様々な出会いと独自の感覚を大切にしてつづっていきたいと思います。

また城址付近のダムや棚田、名水といった気持ちを揺さぶられる箇所にも寄り道していきます・・。
趣味のマラソンも自分のペースで好きなように走ってます。

どうかご笑覧くださいませ。

最新登城記事
カレンダー
06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新コメント
検索フォーム
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
リンク
来城者数