FC2ブログ

美濃 小里古城 🏯城としての遺構、見当たらず・・。

美濃 小里古城 (岐阜県瑞浪市稲津町小里馬場)

小里城は古城、新城、城山城と別々の場所に3つの城址が存在することは、すでに述べてきました。
今回お訪ねしたのは最も古い、小里古城です。

oriko (11)のっぺりとした丘上にあったという小里古城を見ます。

oriko (1) 東側のお寺の下に駐車場をお借りします。

少し登った所に小里古城の進行方向を示す案内板があります。
小里新城で見られた同様の案内板ですね。
山頂までは緩やかな坂道をゆっくり登っていきます。

oriko (2) 墓地に出た、と思ったら小里古城を示す城址板に遭遇。

墓地ということで、写真が撮りずらいのですが、様子だけお伝えします。

 oriko (5)
墓地の奥に祠が祀られていますが、城に関係するものかどうかはわかりません。

oriko (8) oriko (9)
若干の段差が認められますが、城の郭ではなさそうです。

山頂付近も整形されたような形跡はありませんでしたし、堀などの跡もありません。
ほぼ全くの地山、といった感じでした。
山上に豪族の館か、物見台でもあったのでしょうか?

小里古城は源三位頼政の城である、という伝説がありますが・・にわかには、信じられませんね。
どうも美濃守護の土岐頼明と混同されたものではないか、と『瑞浪市史』にはあります。
いずれにせよ、城の遺構もありませんし、それほどの要害でも要衝でもありません。

oriko (10) 老人保健施設側からの登り口。

なんとなくこちらのほうが城の登り口っぽい(大手口)ような気がします。

小里氏との歴史が不明なことや、独立丘にしては無防備すぎる山。
ちょっとロマンにも限界がありそうです。
しかし、相当古い城址、ということで当時の地方城館とは、かくも簡素な普請だった、のかもしれませんね。

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

 久太郎 (Q-tarou)

Author: 久太郎 (Q-tarou)
ようこそいらっしゃいました。
   久太郎と申します。
   「城跡が好き」
ただそれでけでブログを立ち上げている城好き若輩者です。
皆様のおかげで開設以来5年目を迎えることができました。
(2016年4月6日開設)

地元の岐阜県内美濃地方の城址を中心に自分なりの想いを込めてじっくりと巡ってまいります。たまに遠征なんかにも出かけます。

時に「ゆるく」時に「鋭く」五体と五感をフル回転。城址での様々な出会いと独自の感覚を大切にしてつづっていきたいと思います。

また城址付近のダムや棚田、名水といった気持ちを揺さぶられる箇所にも寄り道していきます・・。
趣味のマラソンも自分のペースを大切にして走ってます。

どうかご笑覧くださいませ。

最新登城記事
カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新コメント
検索フォーム
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
リンク
来城者数